[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

記者が知る「ゴローちゃん」の素顔 “早稲田の悪ガキ”が国民的ヒーローになるまで

五郎丸歩【写真:荒川祐史】
五郎丸歩【写真:荒川祐史】

五郎丸人気に見るラグビー界から人気者を作る方法とは?

 新秩父宮ラグビー場を人工芝にするなどと考えている限り、まさにラグビー文化という苗が根付くことはないと思うのは、悲観的すぎるのだろうか?

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 あのゴローフィーバーの中で、連日、目も眩むほどのメディアに囲まれたゴローちゃんは、たまに気の利いたコメントをしながらも、その大半は、いつもそっけない質疑応答を続けていた。その一方で、顔が知れた数人のメディアだけと接したときには、軽口や辛辣なジョークを織り交ぜた、以前と変わらない話ぶりと表情だったのが印象に残る。

 ヤマハのスタッフによると、やはりメディアとはいえ、見ず知らずの“多数”の中では、どうしても口をつぐみがちだというのだ。このようゴローちゃんの振る舞いから感じるのは、あれだけスター扱いされ、もてはやされる中で、心にもないリップサービスが苦手な不器用なラグビー少年の姿だ。この実直さを忘れなければ、ゴローちゃんは、どこにいっても心配ないはずだ。

 余談だが、2015年のW杯からのゴローちゃん人気を見て、ラグビー界から人気者を作る作法も学ばせてもらった。

 当時のラグビー(五郎丸)人気を支えた大多数は、イングランドでの戦いぶりをテレビで観戦した人たちだ。つまりテレビ画面の映像に惹きつけられたのだ。野球のように、静止画像のような投手と打者の姿を見慣れている人たちにとって、常に動き続け、画面の右端から左端へ駆け抜けていく選手が写されるラグビー中継は、選手の姿、表情、仕草をじっくり観察することは難しい。

 その中で、嫌というほど画面に映し出されたのが、ゴローちゃんだったのだ。他にアップで映される可能性があるのは、トライした選手か、せいぜいノックオンして気まずい顔をしたPRあたりだ。そのノックオンの多くはパスする側のミスでもあるのだが……。そして、このような選手の場合でも、キッカーほどじっくりと静止画像風の表情が放映されることはない。

 その、視聴者がじっくりと見つめることが出来る選手が、長身でイケンメン、7割ほどのキックが得点(成功)になり、一度聞いたら忘れない名前であれば、もう文句のないスターになれるのだ。

 日本協会は、これから日本代表のキッカーには、長身イケメン、珍しい名前の選手を探せばよい。

 大分余談が過ぎたが、まだ1シーズンはゴローちゃんはプレーをし続けるので、観戦が可能であれば、ファンの皆さんには是非スタンドで応援をしていただきたい。

 そして、ヤマハ発動機、桜のジャージーの選手たちは、彼の言葉を引き継いで欲しい。この極東の島国に、ラグビーを文化として根付かせることができるかは、あなたたちなしには不可能なことだ。もちろん、ゴローちゃん自身も、引退後は新たなポストで、ラグビーを応援してくれるはずだが、ピッチに立ち、戦う人たちが、最も訴える力を持つのは、どの競技でも不変の鉄則だ。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集