[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • なぜ、村上茉愛は世界の壁を破れたのか 体操界の新ヒロインは「下半身」がスゴイ

なぜ、村上茉愛は世界の壁を破れたのか 体操界の新ヒロインは「下半身」がスゴイ

体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は、男子の白井健三(日体大)が金2つを含む3つのメダルを獲得するなど躍進したが、今大会、鮮烈なインパクトを残したのが、女子の村上茉愛(日体大)だった。種目別のゆかで日本女子63年ぶりの金メダルを獲得。一躍脚光を浴びたが、日本体操界の期待のヒロインはいったい、何が凄いのか。元日本代表の岡部紗季子さんに聞いた。

世界選手権で63年ぶり金…歴史的快挙の21歳の「足」がスゴイ? 元体操日本代表が分析

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は、男子の白井健三(日体大)が金2つを含む3つのメダルを獲得するなど躍進したが、今大会、鮮烈なインパクトを残したのが、女子の村上茉愛(日体大)だった。種目別のゆかで日本女子63年ぶりの金メダルを獲得。一躍脚光を浴びたが、日本体操界の期待のヒロインはいったい、何が凄いのか。元日本代表の岡部紗季子さんに聞いた。

 日本女子にとって、歴史的な金メダル。男子は近年、躍進が続いていたが、「63年ぶり」という数字が示す通り、女子における価値は計り知れない。

「日本の女子は男子に比べ、世界と身体能力の差が大きい。女子の方が海外の選手は筋肉がつきやすいし、瞬発力に差が生まれます。陸上に近い面があります。五輪翌年に行われる世界選手権は、トップの国が新星を出してくる大会でメダルを狙いやすい環境にありましたが、ミスのない演技で結果を出したことは素晴らしいと思います」

 このように、快挙を称賛した岡部さん。体操になじみが薄いファンには、村上は彗星のごとく現れたような印象が強いが、ジュニア時代から将来を嘱望されてきた天才少女だった。

「14歳で日本選手権のゆかで優勝していて、H難度のシリバスという世界のトップレベルの限られた人しかできない技を10代からこなしていた。ずっと注目されてきた日本のゆかの第一人者です」

 今大会も、シリバスを見事に決めるなど、完璧な演技で種目別で優勝。では、世界を制した村上の凄さはどこにあるのか。岡部さんは「身体能力」と「空中感覚」と2つの要素を挙げる。

「まず、身体能力の面でいえば、足の筋肉がすごく強い。日本では跳馬も種目別で優勝している。昔から、筋肉がぎゅっと締まったような体つき。もともと筋肉がつきやすく、特に下半身が強い選手ですが、そのくらい恵まれた体が身体能力を支えていると思います」

1 2 3

岡部紗季子

 1988年5月16日、東京都生まれ。朝日生命体操クラブ出身。4歳で体操を始める。02年、ナショナルチームメンバー初選抜。明大では2大会連続ユニバーシアード代表に選出。得意種目はゆか。

 引退後は明大コーチを経て、体操教室で指導を行う。TBS系「KUNOICHI」でも活躍。自身のインスタグラムでは街や海など様々な場所で逆立ちやバック転などアクロバティックな技を披露し、人気を博している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー