[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童キリオス、試合途中に棄権のなぜ? 1回戦敗退の真相告白「本当に苦しかった」

男子テニスの世界ランク21位ニック・キリオス(オーストラリア)が10日、上海ロレックス・マスターズ1回戦で第1セットをタイブレーク落とした後に自らコートを立ち去る事態が発生。その後、自身のツイッターで胃痛に苦しんでいたことを明かしたが、テニス界の“悪童”の行動が波紋を広げている。

中国OP1回戦のジョンソン戦、タイブレークの末に第1セットを落とすと…

 男子テニスの世界ランク21位ニック・キリオス(オーストラリア)が10日、上海ロレックス・マスターズ1回戦で第1セットをタイブレーク落とした後に自らコートを立ち去る事態が発生。その後、自身のツイッターで胃痛に苦しんでいたことを明かしたが、テニス界の“悪童”の行動が波紋を広げている。

 いったい、何が起こったのか。試合を見ていた多くの観客がそう思っただろう。

 10日に行われた1回戦のスティーブ・ジョンソン(米国)戦、第1セットは一進一退の攻防が続いてタイブレークに突入した。しかし、ラインコールにフラストレーションを溜めたキリオスは、暴言など2度の違反行為によりポイントペナルティーで1ポイントを喪失。最後はサービスエースを決められてタイブレークを5-7で落とし、先取を許してしまった。すると――。

 自身のベンチではなく、コート中央へおもむろに歩き出したキリオス。そして、右手を差し出してジョンソンに握手を求めた。まさかの光景にスタンドからどよめきが起こり、握手をかわした審判のファーガス・マーフィー氏からは治療が必要か尋ねられたが、応じずに手早く荷物をまとめると、そのままコートから立ち去ってしまった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集