[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童キリオス、試合途中に棄権のなぜ? 1回戦敗退の真相告白「本当に苦しかった」

過去には暴言や無気力プレーの“前科” 試合後にツイッターで真相を明かすも…

 途中棄権という想定外の結末に、英公共放送「BBC」は「ニック・キリオスがタイブレークを落としてリタイア」と特集。「キリオスは第1セットのタイブレークを落とすと試合を終了させ、上海マスターズのコートから立ち去った」と報じた。記事では、前回大会でも2回戦のミーシャ・ズベレフ(ドイツ戦)で審判・観客への暴言や無気力なプレーで、1万6500ドル(約170万円)の罰金と出場停止処分を受けた“前科”があることを紹介している。

 キリオスは試合後、自身のツイッターを更新し、事の真相を明かした。

「実はこの24時間、胃腸炎に苦しんでいた。準備を試みるつもりだったが、コート上に立っていた時、本当に苦しかったんだ。それは最初のポイントから明白なものだった。今日の練習で肩も痛めてしまっていて、それはごまかしようのないものだった。最初のセットを落とした時点で、戦いを続けるほど強くはなかった。24時間以上何も口にしていなかったしね」

 本人の投稿によれば、“試合放棄”ではなく、胃腸炎と肩の痛みを抱えていて最後まで戦え抜けなかったという。そして、「今日の結末には本心から落胆している」とつづり、ダブルスの出場は状態を見て判断するとしている。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集