[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「怒鳴る」に待った、「伸び伸び」にも注意 元大リーガー岩村明憲が語る指導論

2015年からルートインBCリーグ・福島ホープスで選手兼任監督を務める岩村明憲氏。一方で、グラウンドを一旦離れれば2児の父。レイズに移籍した2007年に誕生した長男は9歳になり、野球をプレーするようになった。休日には、長男の所属チームの子供たちを試合会場まで引率することもあるという。

20161226_iwamura

子供の指導には「あまり感情を入れない方がいい」

 2015年からルートインBCリーグ・福島ホープスで選手兼任監督を務める岩村明憲氏。昨年11月から球団代表の肩書きも増え、福島では3足のわらじを履いて、地元に愛され、かつ勝てるチーム作りに奮闘している。一方で、グラウンドをいったん離れれば2児の父。レイズに移籍した2007年に誕生した長男は9歳になり、野球をプレーするようになった。休日には、長男の所属チームの子供たちを試合会場まで引率することもあるという。

「俺は指導はしないよ。普段、子供たちを指導してくれる人がいるから、そこには入らない。ただ『こういう風にやったらいいかもね』という話を、指導者にさせてもらうことはある。『指導にはあまり感情を入れない方がいいよ』ってね。感情が入ると、やっぱり人って誰かを贔屓してしまう。贔屓してしまうと、いろいろなバランスが崩れるから、淡々とやった方がいい。人間だから感情が入るのは当たり前なんだけどね」

 一昔前までは、少年野球の監督やコーチが子供たちに大声を張り上げて指導する姿が一般的だった。いわゆる、スポ根。根性論が全盛期の話だ。だが、最近では、ティーチング(teaching:技術や知識を教えること)とコーチング(coaching:やる気や可能性を引き出すこと)の使い分けが重視され、子供たちに対する指導方法にも変化が見られる。昔ながらに押しつける指導はやめて、子供たちに伸び伸びと野球をプレーさせようというスタイルが増えているが、岩村氏はこの「伸び伸び」のあり方にも注意が必要だと話す。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集