[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ時代に先駆けた「教える」の形 伊藤華英さん「『会えない』が不安にならない」

競泳で北京、ロンドンと五輪に2大会連続出場した伊藤華英さんが14日、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場。1年間に渡って遠隔指導ツール「スマートコーチ」を活用し、指導してきた岩手・大船渡の子供たちと“再会”し、交流した。

伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場【写真:編集部】
伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場【写真:編集部】

「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場

 競泳で北京、ロンドンと五輪に2大会連続出場した伊藤華英さんが14日、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場。1年間に渡って遠隔指導ツール「スマートコーチ」を活用し、指導してきた岩手・大船渡の子供たちと“再会”し、交流した。

 スポーツの指導は、物理的な距離を超える。被災地の子供たちに各競技のトップランナーが指導するプログラムで、先生役の「夢応援マイスター」を務める伊藤さん。この日参加したのは、1年間の成果発表イベントだ。昨年7月に大船渡のプールで対面指導を行って以来、月1回「スマートコーチ」を使い、指導してきた取り組みの集大成の場だった。

 本来は初対面以来となる大船渡訪問で成果発表を見守る予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大により、オンライン方式に変更。それでも、伊藤さんが登場し、「皆さん、お久しぶりです。みんなが送ってくれる動画を毎月、見てきました。今日は楽しんでいい時間にしましょう」と挨拶すると、画面の向こう側にいる参加者8人は目を輝かせた。

 イベントは家でできる練習法の指導からスタートした。「泳ぎには肩が大切です。肩にある肩甲骨をスムーズに回すためにはどうしたらいいでしょうか? 肩甲骨の前にある大胸筋を伸ばしてあげると、大きく回せますよ」と伊藤さん。壁に手をかけ、肘を90度にして前に体重をかけるなど、泳ぎをスムーズにするストレッチを3種類教え、子供たちも家の中で一生懸命に取り組んだ。

 続けて行われたのが、この日のメインとなる1年間の成果発表。今回はそれぞれが取り組みを振り返り、「この1年間で成長したこと」「まだ上手くできないこと」「1年間の感想」について、画面の前で1人ずつ発表した。

 1年前に「クロールのタイムを速くすること」を目標に挙げていた松田成世さん(小6)は「腕を大きく回せるようになったし、キックが強くなった」と成長を実感。「教えてもらう前まで、自分でこうすれば速く泳げると思っていても違うことがたくさんあった。華英さんに毎月、細かく教えてもらって勉強になった1年でした」と振り返った。

 これに対し、伊藤さんは「息継ぎで上を見がちだったけど、横を見る意識ができて上手に泳げるようにった」と認めた上で「身長が伸びているので、今頑張ればいっぱい伸びるチャンス。水泳以外もいろんな能力が伸びていく時期。自分にはできないと思っていたことも『できる』と思って、何事もチャレンジしてほしい」と水泳で掴んだ自信を日常生活に生かしてほしいと願った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集