[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

記事一覧

  • 井上尚弥とマクレガーが対戦したら? “禁断の対決”を米議論「勝つのはどっちだ」

    2020.02.23

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。決戦の地・米国のファンは元UFC世界ライト級王者コナー・マクレガー(アイルランド)対モンスターの異種格闘技戦について「勝つのはどっちだ」と議論。聖地ラスベガス初上陸前に盛り上がりを見せている。

  • ナバレッテが11回TKOで5戦連続KO防衛 “根性の13連打”で決着、1年2か月で早くもV5

    2020.02.23

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級5位ジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒TKO勝ちを収めた。王座奪取から1年2か月で早くも5度目の防衛に成功。WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)のメインイベントを前に猛ラッシュを見せつけた。

  • 紀平梨花、“世界前哨戦”首位発進に海外メディア評価「3週間後も変わらずV候補だ」

    2020.02.23

    フィギュアスケートのチャレンジカップは22日、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が74.27点で首位発進を決めた。海外メディアは「冴えわたるような3回転アクセル」「世界選手権も変わらず優勝候補だ」と評価している。

  • 渋野日向子がラグビージャージ姿公開 貴重な“初観戦ショット”に3万超反響が殺到

    2020.02.23

    女子ゴルフの渋野日向子(サントリー)がインスタグラムを更新。トップリーグのサントリー―日野戦(秩父宮)を観戦したことを報告し、珍しいラグビージャージ姿を公開すると、3万件の大反響を集めている。

  • 宇野昌磨、貫禄の日本勢ワンツーVに海外メディア称賛「この青年には何の心配もない」

    2020.02.23

    フィギュアスケートのチャレンジカップは22日(日本時間23日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がトップとなる198.70点を記録し、合計290.41点で優勝した。241.18点で2位に入った田中刑事(倉敷芸術科学大大学院海外)とワンツーフィニッシュを飾った。海外メディアも高く評価している。

  • 中国美女セキ、新スポンサー契約で決意の日本語投稿「全力を出し切って戦いたい」

    2020.02.23

    女子ゴルフで「ミツウロコ」と所属契約を結んだ中国人美人プロ、セキ・ユウティンがインスタグラムを更新し、今回の契約について改めて報告。同社を訪問し、田島晃平社長との2ショット写真などを掲載し、「今シーズンレギュラーツアーで初優勝目指して、全力を出し切って戦いたいと思います」などと思いをつづった。

  • 八村塁の“漢字入り新シューズ”が好評 反響続々「絶対売れる」「普通にこれ欲しい」

    2020.02.23

    米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は21日(日本時間22日)、オールスター明け初戦となった本拠地キャバリアーズ戦で17得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを記録した。試合こそ逆転負けを喫したが、この試合で着用した新シューズが話題に。「八」「忠」「義」と漢字3文字を連ねた斬新なデザインに対し、日本のファンからは「八村塁モデルで売れば絶対売れる」「普通にこれ欲しい」と好評を呼んでいる。

  • 女子にも波及する「トモアスキップ」とは? エース・野口啓代も挑戦「タイム変わる」

    2020.02.23

    東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪代表に内定している野口啓代(あきよ・TEAM au)は4位に終わった。初優勝とはならなかったが、五輪本番を見据えて新技の習得中であることを明かした。17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝し、9日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。

  • 東京五輪の夢を封印してまで… 松島幸太朗はなぜ今、フランスへ渡るのか

    2020.02.23

    ラグビーのトップリーグ(TL)第6節は22日、秩父宮ラグビー場でサントリーと日野が対戦。サントリーが69-14で快勝し、4勝目(2敗)。勝ち点を21として暫定4位に浮上した。途中出場で勝利に貢献した日本代表FB松島幸太朗は、今夏にフランスの名門ASMクレルモン・オーヴェルニュに移籍することが決まっており、サントリーでプレーするのもあと数か月。7人制代表として、東京五輪での活躍も期待されていたジャパンが誇るスピードスターはなぜフランスで戦うことを選んだのか。試合後にその胸のうちを明かした。

  • 宇野昌磨、転んだフラワーガールに“優しいフォロー”で海外反響「私たちは愛してる」

    2020.02.22

    フィギュアスケートのチャレンジカップは21日(日本時間22日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.71点で首位発進を飾った。演技後には飛び出したフラワーガールが転倒するという珍ハプニングが発生し、優しくフォローした様子が「優しくて和んだ」「なんか微笑ましい」とネット上で反響を呼んでいたが、海外メディアも「私たちは愛している」と脚光を浴びせている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集