[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

記事一覧

  • 死闘直後の錦織を労う大坂… 舞台裏の“決定的瞬間”が反響拡大「2人の笑顔が最高」

    2019.01.18

    テニスの4大大会・全豪オープンの男子シングルスで、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)にフルセットの激闘の末に勝利。一方、錦織の試合直後に同じコートでは女子シングルス2回戦では同4位の大坂なおみ(日清食品)が、同78位のタマラ・ジダンセク(スロベニア)にストレートで快勝。共に3回戦進出を決めた日本のダブルエースは、舞台裏ですれ違っており、その決定的瞬間を大会公式ツイッターが動画で公開。話題を呼んでいたが、反響がさらに拡大。動画の再生回数は28万を超えている。

  • 大坂なおみ、試合後の珍問答に豪メディア注目 「すごく困惑します」と明かす行為は?

    2019.01.18

    テニスの4大大会・全豪オープン、女子シングルス2回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)は同78位のタマラ・ジダンセク(スロベニア)を6-2、6-4のストレートで下した。地元メディアは2年連続で3回戦進出を決めた直後の記者会見で炸裂した“ナオミ節”を「全米オープンチャンプの奇妙なインタビュー」と大注目している。

  • 錦織、次戦の相手も難敵 英メディアは再び激闘予告「マラソンバトルに発展するかも」

    2019.01.18

    テニスの4大大会・全豪オープン、男子シングルス3回戦(19日)で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同44位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦する。ランクでは上回るが、過去の対戦成績は1勝1敗。1、2回戦でフルセットまでもつれた錦織にとっては、またしても侮れない難敵だ。英専門メディア「ライブテニス」は「再びサバイバルを起こすかもしれない」と厳しい戦いを予想している。

  • フェデラー、伝説の名手との偉大すぎる2ショットが大反響「これは本当に印象的」

    2019.01.18

    テニスの4大大会・全豪オープンは18日、男子シングルスの3回戦を行い、世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同50位のテイラー・フリッツ(米国)に6-2、7-5、6-2で快勝。大会3連覇へ向けて4回戦進出を決めた。センターコート「ロッド・レーバー・アリーナ」での記念すべき通算100試合目を白星で飾った。試合前にインスタグラムを更新していたフェデラー。同コートに名前が付けられている、伝説の名手ロッド・レーバー氏との2ショットを公開すると、ファンからは「2人のレジェンド」「なんと偉大」などと驚愕の声があがっている。

  • 塩谷司、閃光のミドル弾は「華々しい一撃」 UAEメディア絶賛「ヒーローとなった」

    2019.01.18

    サッカーアジア杯に参戦中の日本代表は17日、ウズベキスタンに2-1で逆転勝ち。1次リーグF組を3戦全勝で1位通過した。殊勲の勝ち越し弾を決めたのが、DF塩谷司(アルアイン)だ。同点の後半13分、こぼれ球に反応し、エリア外から左足で強烈なミドルシュートを叩き込んだ。勝利に導いたスーパーゴールを自身のインスタグラムで動画で公開。現地メディアも続々と称賛を送っている。

  • 錦織「サポートありがとう!」 日本人応援団への感謝に海外反響「ファンも素晴らしい」

    2019.01.18

    テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利した。3時間48分の死闘を制した直後には、女子シングルスの2回戦で大坂なおみ(日清食品)も登場しストレート勝ち。日本のエースのそろい踏みに、メルボルン・パークのマーガレット・コート・アリーナ(MCA)には多くの日本人ファンが駆け付けていた。試合後に錦織はツイッターを更新し、応援団に感謝をつづっている。

  • 【PR】金メダル6個獲得した男子陸上 真夏の東南アジア決戦を支えた「乳酸菌B240」の効果

    2019.01.18

    2018年、アジア競技大会(ジャカルタ)で男子400メートルリレーでは20年ぶりの金メダル、男子マラソンでも井上大仁の金メダルなど、合計6個の金メダルを獲得した陸上日本代表。約1年半後に控える2020年の東京五輪でも様々な種目でのメダルが期待される。公益財団法人日本陸上競技連盟強化委員長を務める麻場一徳氏に、陸上競技におけるコンディショニングの重要性とアジア大会で行った対策について聞いた。

  • 羽生結弦、大坂なおみが“スポーツ界のアカデミー賞”候補入り 受賞なら史上初快挙

    2019.01.18

    フィギュアスケートで五輪連覇の絶対王者・羽生結弦(ANA)がまた新たな勲章を手にする可能性が出てきた。2019年ローレウス世界スポーツ賞の年間最優秀復帰選手部門にノミネートされた。同賞はスポーツ界のアカデミー賞ともいわれる名誉ある賞。日本人ではほかにテニスで全米オープン優勝の大坂なおみ(日清食品)も年間最優秀成長選手部門にノミネートされている。

  • 大坂から錦織へ― “お茶目なナオミ節”に海外ファン歓喜「最高に愉快だ」

    2019.01.18

    テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利した。2セット連取の快勝ムード一転、3時間48分という死闘の影響を受けたのは直後に同じコートで女子シングルス2回戦を戦った同4位の大坂なおみ(日清食品)だった。2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた錦織にかけたお茶目な“ナオミ節”に、海外のファンは「どうしようもなく愛している」「最高に愉快だ」「偉大な個性」と絶賛している。

  • マレー惜別、ジョコとの13年前の初対戦にファン感動の嵐「今までで最もワクワクした」

    2019.01.18

    男子テニスで今季限りで引退を表明し、全豪オープン1回戦で敗退した元世界ランク1位アンディ・マレー(英国)。一時代を築いた「BIG4」の一角には、各所から別れを惜しむメッセージが送られているが、ATP公式中継サイト「テニスTV」では2006年のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との初対戦に脚光を浴びせ、凄まじいラリーの応酬を動画で公開。ファンからは「何て美しいポイントだ」「これは今まで見た中で最もワクワクした」と郷愁を誘っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集