[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「イライラで寝つけなかった」 五輪王手も攻め手欠いたU-23日本に川淵三郎氏が怒り「工夫も何もない」

サッカー男子のパリ五輪予選を兼ねたU-23アジアカップ準々決勝が現地25日にカタール・ドーハで行われ、U-23日本代表は延長戦の末、開催国カタールU-23代表を4-2で退けて準決勝に進出した。120分の激闘を制して8大会連続の五輪出場に王手をかけたが、元日本サッカー協会会長で日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏は愚痴を連発。自身のX(旧ツイッター)で「イライラが高じて寝つけなかった」と苦言を呈すると、ファンから「愛がある檄」「多分中継観てた人が殆ど思ってたこと」といった同調の声が集まっている。

U-23アジアカップ準々決勝、カタール代表を4-2で退けて準決勝に進出した日本代表【写真:2024 Asian Football Confederation】
U-23アジアカップ準々決勝、カタール代表を4-2で退けて準決勝に進出した日本代表【写真:2024 Asian Football Confederation】

U-23アジアカップ準々決勝

 サッカー男子のパリ五輪予選を兼ねたU-23アジアカップ準々決勝が現地25日にカタール・ドーハで行われ、U-23日本代表は延長戦の末、開催国カタールU-23代表を4-2で退けて準決勝に進出した。120分の激闘を制して8大会連続の五輪出場に王手をかけたが、元日本サッカー協会会長で日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏は愚痴を連発。自身のX(旧ツイッター)で「イライラが高じて寝つけなかった」と苦言を呈すると、ファンから「愛がある檄」「多分中継観てた人が殆ど思ってたこと」といった同調の声が集まっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 勝っても納得いかなかった。前半2分に山田楓喜の左足ミドルで先制するも、同24分に追いつかれた日本。同41分には細谷真大を“腹蹴り”した相手GKがラフプレーで一発レッドで退場したものの、後半4分にセットプレーで失点して一人少ない相手にリードを許す展開となった。それでも同22分に追いつき、延長戦では足が止まった相手から2得点して勝利をものにした。

 この試合展開に川淵氏は自身のXに「大事な試合は内容より結果が全てと思っている僕もさすがにイライラが高じて3時まで寝つけなかった」と投稿。試合が終了したのは日本時間の午前2時過ぎだったが、テレビ観戦していたと思われる87歳の川淵氏にとっては鬱憤が溜まる内容だったようだ。

 投稿には「相手が10人しかも足が攣っている選手が何人もいるのにサイド攻撃だけに固執して、縦への楔、中距離シュート、ドリブル突破、早い放り込みなど工夫が何もない」と攻め手を欠いていたチームに苦言。「勝ったからこんな愚痴をこぼせるんだけど」と締めたものの、熱い思いが伝わってくるような文面だった。

 これにはサッカーファンも反応。「お怒りはごもっとも」「愛がある檄」「いいぞ、もっと言え!」「川淵さんにこんな愚痴言わせちゃダメですよ!」「それは多分中継観てた人が殆ど思ってたことじゃない?」「全く同意見です。何がしたかったのか」「多くのサッカーファンの気持ちを代弁してくれた感じですね」「川淵さんが感じたその苛立ちはサポーターも同様に感じてますが、日本サッカー協会の技術委員会が同様に感じてるかが問題です」といった声が上がっている。

 4強入りした日本は現地29日に決勝進出をかけてイラクとベトナムの勝者と対戦。今大会で3位以内に入ればパリ五輪の出場が決まる。4位の場合もアフリカとの大陸間プレーオフで勝てば五輪出場権を手にできる。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集