[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4回転時代に坂本花織が獲った五輪メダルの価値 鈴木明子「世界のスケーターの希望に」

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

フィギュア女子フリーで銅メダルを獲得した坂本花織、鈴木明子さんが語るメダルの価値とは【写真:Getty Images】
フィギュア女子フリーで銅メダルを獲得した坂本花織、鈴木明子さんが語るメダルの価値とは【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#90 五輪2大会出場・鈴木明子の女子フリー解説

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

 17日に行われた女子フリーでショートプログラム(SP)3位だった坂本花織が銅メダルを獲得。日本女子では10年バンクーバー五輪・浅田真央以来4人目の快挙となった。初出場の樋口新葉は5位入賞、17歳河辺愛菜は23位。4回転ジャンプを複数組み込み、異次元の構成を演じたROC勢のアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワが金銀を独占。金メダル候補だったSP1位の15歳カミラ・ワリエワは4位というまさかの結末に。

 バンクーバー、ソチと五輪2大会に出場し、現地で取材するプロフィギュアスケーター・鈴木明子さんはこのフリーをどう見たのか。坂本の快挙の理由とともに、4回転時代に4回転ジャンプを跳ばない選手がメダルを獲得した価値を聞いた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 衝撃を覚える展開となりましたが、特に最終グループの戦いは素晴らしい戦い。最終滑走のワリエワ選手までは、選手それぞれがベストと言える演技が続き、オリンピックらしいハイレベルなフリーだったと思います。

 坂本選手の銅メダルは本当に素晴らしかった。何よりも、その落ち着き。彼女には、いくつかプレッシャーを感じる要素がありました。

 まず、五輪という舞台。しかもSP3位につけ、メダルが見える状況。にもかかわらず、自分のベストを出し尽くすことができる点に、彼女の本当の強さを感じました。会場で見ていて、あっという間。4分という時間を感じないほど流れが良く、惹き込まれるスケートでした。

 これだけの落ち着きは、積み重ねてきた練習の賜物。それ以外の何物でもありません。

 また、ROCの選手たちとの戦いを考える時、4回転ジャンプや3回転アクセルを組み込んでくるフリーは、ジャンプの基礎点ではそもそも勝てない前提がありました。パーフェクトにやっても勝てない。ということは「パーフェクト」は、本当の最低ラインになります。ミスができないとプレッシャーがかかれば、どうしても力が入り、ミスにつながる。私自身もそういう経験がよくありました。

 しかし、常に練習でプレッシャーをかけ、100%以上を求め続けたから、本番でノーミスという高いクオリティを発揮できるのでしょう。

 その点で、私が大きいと感じるのは中野園子コーチの存在です。坂本選手を厳しく指導されてきました。私が坂本選手と一緒にアイスショーに出た時、本番前の練習中に物凄く怒って檄を飛ばされている姿を見ました。試合でもなく、しかも本番。坂本選手の顔が曇り、「ここまでへこんでいて、大丈夫かな?」と心配していたら、本番は完璧にやってしまったことがあります。

 追い込む言葉をかけてあげた方が本番で力を発揮できる。そう理解していたから、愛情を持って彼女を高められたのではないかと感じます。

1 2 3

鈴木 明子

THE ANSWERスペシャリスト プロフィギュアスケーター

1985年3月28日生まれ。愛知県出身。6歳からスケートを始め、00年に15歳で初出場した全日本選手権で4位に入り、脚光を浴びる。東北福祉大入学後に摂食障害を患い、03-04年シーズンは休養。翌シーズンに復帰後は09年全日本選手権2位となり、24歳で初の表彰台。10年バンクーバー五輪8位入賞。以降、12年世界選手権3位、13年全日本選手権優勝などの実績を残し、14年ソチ五輪で2大会連続8位入賞。同年の世界選手権を最後に29歳で現役引退した。現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する傍ら、全国で講演活動も行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集