[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ずぼらなダイエット民にオススメ リバウンドなく痩せる「一汁一菜」の約束事を紹介

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「ダイエットでオススメしたい『一汁一菜』の食事」について。

「ダイエットでオススメしたい『一汁一菜』の食事」を中野氏が紹介
「ダイエットでオススメしたい『一汁一菜』の食事」を中野氏が紹介

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「ダイエットでオススメしたい『一汁一菜』の食事」について。

 ◇ ◇ ◇

「コレを食べれば痩せられる」「コレを食べたらダメ」。巷にはこういった、わかりやすく目を引くダイエット情報に溢れています。しかし、健康的にリバウンドなく体重・体脂肪を落とすためには、やはりバランスのよい食生活を続けることが最も効果的であり、大切です。

 とはいえ、言うは易く行うは難し。仕事に家事に追われる毎日のなか、「バランスのよい食生活」を実践する難しさを感じている方は非常に多いでしょう。

 そこで、オススメしたいのが、「一汁一菜」の食事です。

「一汁一菜」とは、具沢山の味噌汁やスープ(一汁)とメインのおかず(一菜)、そしてご飯の3品からなる食事です。

 もともとの献立のイメージは、和定食。ご飯、味噌汁、主菜、副菜が揃う和定食は、栄養バランスが非常に整っています。しかし、おかずを何品も作るとなると、手間がかかってしまう。そこで、副菜として食べていた野菜をすべて味噌汁に入れてしまい、汁物と副菜を合体。こうすれば、あとは肉でも魚でも、グラタンでも、その日に食べたい主菜だけ用意すればOKです。

「一汁一菜」は、ずぼらな人、面倒くさがりの人はもちろん、ダイエット中でも食べたいものを食べたい、という人にもオススメの食事法です。

 例えば、一時期、毎日、献立を考えるのが大変、という人たちの間で、作り置きおかずがブームになりました。先日、ラジオを聞いていてなるほど、と思ったのですが、作り置きの弱点は「今日食べたいものが食べられない」こと。冷凍庫に作り置いたカレーはあるけれど、今日の気分じゃないよね、となる。私もそうですが、短い人生、1日1日、食べたいと思ったものを、美味しく食べたい! という人は、やはり続けることは難しい、とのことです。

 でも一汁一菜であれば、主菜でその日の気分で、食べたいものを食べられます。しかも、ご飯、味噌汁は作り置きができる。食べたいものをバランスよく、しかも手間をかけずに食べられる。まさにストレスなしのダイエット食です。

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集