[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マロニーよ、よく戦った 井上尚弥と打ち合った勇敢さを海外称賛「偉大なボクサーだ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。強烈な右ストレートを食らって膝から崩れ落ち、試合後は病院送りになっていたマロニーは一夜明けた1日(同2日)、インスタグラムを更新。胸中を吐露していた。これに海外のボクシングファンからは労いの声が続々と上がっている。

井上尚弥(右)に敗れたジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
井上尚弥(右)に敗れたジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

再起を誓ったSNS投稿に労いの声が殺到

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。強烈な右ストレートを食らって膝から崩れ落ち、試合後は病院送りになっていたマロニーは一夜明けた1日(同2日)、インスタグラムを更新。胸中を吐露していた。これに海外のボクシングファンからは労いの声が続々と上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 豪州ボクシング界の期待を背負い、ラスベガスのリングに立ったマロニー。モンスター相手に勇敢に立ち向かった。ガードを高くしながら、前に出てパンチを繰り出した。被弾しても下がらずに打ち合った。

 しかし、6回に左フックで強烈なカウンターを浴び、最初のダウンを奪われると、7回終了間際に再びカウンターの右ストレートをこめかみ付近に食らった。そのまま膝から崩れ落ち、なんとか立ち上がろうとするも力が入らない。モンスターの力をまざまざと見せつけられ、キャリア初のKO負けを喫した。

 試合後は検査のため病院に直行していたというマロニーは一夜明けた1日に自身のインスタグラムを更新し、メッセージを発信していた。

「偉大な選手になるために挑戦したが、今回は及ばなかった。とても失望しているが、再び立ち上がり、今まで以上に強く、いい選手になって帰って来るよ。そして、俺は世界チャンピオンになる」などと敗れたショックとともに再起への思いを明かした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集