[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、デービスとの“豪快KO比較”でリング誌編集長が太鼓判「より圧倒的だった」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。一方で同日、米サンアントニオで行われたWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチでは、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を6回2分40秒KOで撃破。左アッパーでの豪快KOは年間最優秀KOの呼び声も高まっている。

井上尚弥(左)とガーボンタ・デービス【写真:Mikey Williams/Top Rank,AP】
井上尚弥(左)とガーボンタ・デービス【写真:Mikey Williams/Top Rank,AP】

「ハロウィンの夜」の鮮烈KO、より印象的だったのはどちらか?

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。一方で同日、米サンアントニオで行われたWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチでは、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を6回2分40秒KOで撃破。左アッパーでの豪快KOは年間最優秀KOの呼び声も高まっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 権威ある米専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長がハロウィンの夜を盛り上げたKO劇を比較。「どちらも印象的、イノウエの方が圧倒的なパフォーマンスだった」とベガスデビューを飾ったモンスターに軍配を上げている。

 毎週恒例のリング誌編集長による読者とのQ&A企画で、話題に上がったのが元5階級制覇王者フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子デービスと井上のKO競演だった。

「ガーボンタ・デービスのKOが見出しを奪ったが、個人的にはイノウエのパフォーマンスが最も印象的だった」という読者からの質問に、フィッシャー編集長はこう答えている。

「どちらも同じように印象的だったと思うが、イノウエがより圧倒的なパフォーマンスを見せていた」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集