[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人生を変える」五輪へ 空手の絶対女王・植草歩が敗戦で取り戻した“無冠の輝き”

空手が東京五輪の新種目として実施される。女子組手68キロ超級で2016年世界選手権女王の植草歩(JAL)は、7か月後の夢舞台で金メダル獲得を目指している。24日には、今季初戦のプレミアリーグ(PL)パリ大会が開幕。大会後の世界連盟(WKF)五輪ランクで、日本勢最上位者が2番手に2000ポイント以上の差をつければ代表に内定する。現在、日本勢トップの植草は大会連覇を目指し、「人生を変える」と位置づけた東京五輪への思いを語った。

東京五輪の空手で金メダル獲得を目指す植草歩【写真:浜田洋平】
東京五輪の空手で金メダル獲得を目指す植草歩【写真:浜田洋平】

東京五輪金メダルへ、16年世界選手権女王の植草歩が敗北で気づいた挑戦心の大切さ

 空手が東京五輪の新種目として実施される。女子組手68キロ超級で2016年世界選手権女王の植草歩(JAL)は、7か月後の夢舞台で金メダル獲得を目指している。24日には、今季初戦のプレミアリーグ(PL)パリ大会が開幕。大会後の世界連盟(WKF)五輪ランクで、日本勢最上位者が2番手に2000ポイント以上の差をつければ代表に内定する。現在、日本勢トップの植草は大会連覇を目指し、「人生を変える」と位置づけた東京五輪への思いを語った。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

「絶対に優勝すると決めています。去年も優勝すると決めて、みんなが遊んでいる時期に頑張った。きちんと獲れたので、今年も同じやり方でやっていこうと思っています」

 植草には気合がみなぎっている。ずっと目指してきた東京五輪。半年後に迫る大舞台で世界一に返り咲くため、目の前の試合に全力をぶつけるつもりだ。

 昨年は“つまずき”があった。12月の全日本選手権個人戦は5連覇を逃し、銀メダルに終わった。体重無差別で行われる日本一決定戦。決勝で23歳の齊藤綾夏(AGP)に4-6でまさかの敗北を喫し、大粒の涙を流した。大会後に一緒に時間を過ごしたのは、帝京大時代の同期。「大学の時のことを思い出しました。みんなで盛り上がって、なんだか懐かしい気持ちになりました」。苦楽をともにした仲間との時間が植草に大切な気づきを与えた。

「あの時の気持ちって大事だなと思いました。初優勝した時の顔と今の顔が違う。優勝を目指していた時の気持ちと今の気持ち。(大学時代は)空手が楽しくてキラキラしていた。今はそれが足りない。勝たなきゃいけないという気持ちに傾いてしまっている。試合の場とか空手自体、今は楽しめていなかった。改めてそういう気持ちって大切。昔の自分を見て、昔の仲間と会って思いました」

 23歳だった2015年に初優勝。無冠ながら輝きを放ち、挑戦者として日本一を掴み取った。以降、女子組手単独最多の4連覇を達成。しかし、空手界の歴史に名を刻んだ裏で「絶対女王」の冠を授かり、知らず知らずのうちに王座を守る意識を持っていた。最近、目を通したのはメディアに取り上げられた当時の特集と今の姿。ハッとさせられたのは、女王として戦う自分の表情だった。

「(今の表情は)険しかった。2019年は全て険しい試合。楽しむという気持ちでやっているつもりでも、ポイントを獲って笑っていても。あの時(大学時代)とは雰囲気が違う。当時は生き生きしていた。あの時は挑戦者という気持ちだったけど、今はチャンピオンの立場。違いが本当に大きいですね。やっぱり挑戦者という気持ちは忘れてはいけないと感じました。

 普段はチャンピオンとして振る舞って、チャンピオンとして相応しい行動をすることが大切。だけど、練習や試合は常に挑戦する気持ちを忘れてはいけないと感じた」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集