[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴールド熱演、3年ぶり全米選手権復帰で涙 米記者感動「あなたの涙で泣きそうに…」

フィギュアスケートの全米選手権は25日、女子フリーが行われ、3年ぶり出場となった14、16年全米選手権女王グレイシー・ゴールドは107.24点をマークし、合計161.75点となった。摂食障害などの病を乗り越え、カムバックした全米選手権。演技後は涙を堪えるような仕草を見せ、会場はスタンディングオベーションとなった。実際のシーンを米記者が動画付きで速報し、「あなたが涙しているところをみて泣きそうになったよ」などと感動を呼んでいる。

グレイシー・ゴールド【写真:AP】
グレイシー・ゴールド【写真:AP】

摂食障害などを乗り越えカムバック、演技後は思わずリンク上で涙も…

 フィギュアスケートの全米選手権は25日、女子フリーが行われ、3年ぶり出場となった14、16年全米選手権女王グレイシー・ゴールドは107.24点をマークし、合計161.75点となった。摂食障害などの病を乗り越え、カムバックした全米選手権。演技後は涙を堪えるような仕草を見せ、会場はスタンディングオベーションとなった。実際のシーンを米記者が動画付きで速報し、「あなたが涙しているところをみて泣きそうになったよ」などと感動を呼んでいる。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 誰もがこの時を待っていた。大きな歓声を受け、リンクに立ったゴールド。やや緊張した面持ちながら、演技では果敢に攻めた。積極的に3回転ジャンプに挑戦。抜ける場面もあったが、着氷させる度に大きな歓声が包んだ。そして、4分間を演じ切ると、この日一番の大歓声が……。その瞬間、ゴールドに熱いものが込み上げてきた。

 両手を目元にやり、涙ぐんだ。それでも、しばらくすると必死に笑顔を作り、会場の声援に応えた。なんとも温かい空気に包まれる会場。得点は合計161.75点となり、ゴールドはガッツポーズを見せた。しかし、摂食障害などの病を乗り越え、地方大会から出場し、帰ってきた全米選手権の舞台。何よりも大事なのは得点ではないことは誰もが知っていた。

 復帰を見守ってきた米記者たちも後続の演技が続く中、ツイッター上で感激の胸中を続々つづった。ニック・ザッカルディ氏は演技後の感動シーンを動画付きで公開。「フィギュア全米選手権にて、ついにグレイシー・ゴールドが戻ってきた」とレポートし、ジャッキー・ウォン氏は「大きな鳥肌。ありがとう、グレイシー・ゴールド」と記した。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集