[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝統の「6か国対抗」に日本を入れるべし 英紙猛プッシュ「日本を必要としている」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会、4連勝で史上初の決勝トーナメント進出を決めた日本。相次いでティア1国を連破したホスト国の国際的評価は急上昇。英メディアでは欧州列強が凌ぎを削るシックスネーションズ(6か国対抗)に日本を招聘し、「7か国対抗にすべし」と緊急提言している。

ティア1国を連破した日本の国際的評価は高まっている【写真:Getty Images】
ティア1国を連破した日本の国際的評価は高まっている【写真:Getty Images】

欧州強豪によるリーグ戦「6か国対抗」に日本参戦を望む声

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会、4連勝で史上初の決勝トーナメント進出を決めた日本。相次いでティア1国を連破したホスト国の国際的評価は急上昇。英メディアでは欧州列強が凌ぎを削るシックスネーションズ(6か国対抗)に日本を招聘し、「7か国対抗にすべし」と緊急提言している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「日本の成功を足掛かりにし、7か国対抗をスタートする時」と特集したのは英地元紙「ガーディアン」だった。

 躍進を続けるホスト国の力を必要としているのは、他ならぬラグビー界の強豪たちだという。

「率直に言って、日本が成功した後には、日本がラグビー界の列強を必要とする以上に、列強が日本を必要としているのだ。日本が毎年恒例の大きな大会に参加に必要とされることは疑いの余地はない。利己的な見解となるが、北半球のラグビーを愛する人々にとって、6か国対抗戦入りを検討することを願う」

 シックスネーションズは、イングランド、フランス、アイルランド、ウェールズという今大会の8強組に加え、イタリア、そして日本と死闘を繰り広げたスコットランドが一堂に会する1883年創設の伝統の国際大会。新たに日本を加え、7か国対抗戦にすべきと特集では提言している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集