[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝統の「6か国対抗」に日本を入れるべし 英紙猛プッシュ「日本を必要としている」

人気の起爆剤に日本を「なぜ実現に全てを尽くさないのか」

 また日本の素晴らしさについても高く評価している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

「この国は凄まじいほど情熱的だ。国としても成功も期待されている。とても、誇らしい国だ。そして、それを喜んで示したい。日本は今世紀にラグビーワールドカップとオリンピック、そして、サッカーのワールドカップを開催した世界初めての国になるのだ。人々が日本に押し掛ける理由がある。我々はスポーツへの愛情を育んでいる1億2600万人以上の人口を誇る国を話題にしている。なぜ、(7か国対抗戦)実現に全てを尽くさないのか」

 4年に1度の祭典を、21世紀入って3度も開催するスポーツ国家としての日本の国力の高さにも注目している。ラグビー大国ニュージーランドメディアからは、南半球の強豪4か国によって開催される、「ラグビーチャンピオンシップ」への招待を希望する声もあがっていた。

 2023年のフランス大会後には、米国開催も浮上しているラグビーW杯。世界的な人気を高める起爆剤として日本は、海外メディアからの大きな注目と期待を集めている。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集