[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊谷崇×廣瀬俊朗・後編 今明かす4年前の真相、南ア撃破の裏にあった“ビデオ”の意味

ラグビーワールドカップが20日に開幕する。初めての日本での開催。過去最高の8強入りへ挑むジェイミー・ジョセフ・ジャパン。オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ、世界三大スポーツの祭典へ、「THE ANSWER」ではジャパンのキャプテンを務めた2人の豪華対談が実現した。

日本代表キャプテンを務めた菊谷崇氏(左)と廣瀬俊朗氏【写真:編集部】
日本代表キャプテンを務めた菊谷崇氏(左)と廣瀬俊朗氏【写真:編集部】

2011年大会のキャプテン菊谷崇と15年大会の“影のリーダー”廣瀬俊朗氏がW杯を語る―後編

 ラグビーワールドカップが20日に開幕する。初めての日本での開催。過去最高の8強入りへ挑むジェイミー・ジョセフ・ジャパン。オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ、世界三大スポーツの祭典へ、「THE ANSWER」ではジャパンのキャプテンを務めた2人の豪華対談が実現した。

 4年前のイングランド大会で日本代表の躍進を“影のリーダー”として支えた廣瀬俊朗氏と、2011年のニュージーランド大会でキャプテンを務め、今大会のアンバサダーでもある菊谷崇氏が、日本代表への期待、注目選手、意外な見どころなどを余すところなく語った。後編では前回大会での快進撃に一役買った「モチベーションビデオ」について。“当事者”としてかかわった2人が今明かせる、秘話を語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

――前回大会では南アフリカ戦の前に選手全員で見て、士気が上がったという「モチベーションビデオ」の存在も話題になりました。トップリーグの選手やOB、ラグビー関係者、数百人のメッセージを集めた映像はお二人が中心となって作り上げたそうですが。

廣瀬「選手の気持ちをもう1回一つにしたい。日本のみんなのために何か作りたいと。それは結構前からぼんやり考えていた。だけど直前になって、やっぱりやろうと。直前で、これはヤバいと思って。キクさんにお願いして……。そこから怒涛の如くですね」

菊谷「じゃあ集めようと。動画は個々で撮ってもらって、集めるだけだったんですけど、これは誰が編集するのか。聞いたら自分(廣瀬)がやると言う。現地でそんな時間もないだろうし、それなら自分がやろうかとなりました。初戦の10日前くらいだったのかな」

廣瀬「最後にメンバーから外れた10人のメッセージもあればうれしいなと。もちろん所属チームからのメッセージもうれしいですしね」

菊谷「動画だったんで、1本じゃ長すぎる。だから2本に割ろうと。結局、計4本作りましたね。1本目作って、2本目も作ったら、いい感じだったみたいで。もう少し作ってくださいよと(笑)」

廣瀬「これまで日本代表として活躍してきた方も、女子もいましたよね」

菊谷「結局何人ぶんになったのか……。わからないくらいのボリュームになりましたね」

廣瀬「これがめっちゃ面白かったんですよ。現地では選手たちで大笑いしました。ジーンと来る感動系のものと、大笑いできるものと両方あって、本当に良かった。特に直前で(メンバーから)落選した選手(村田毅=現日野レッドドルフィンズ)が、ピンクの衣装着て、乳首を……。とにかく体を張ってくれて。良かったですよ」

菊谷「あれはどういう思いで作ろうと思ったの?」

廣瀬「日本のみんなが応援してくれていると、改めて知ってほしいなと。やっぱりものすごい緊張していたので、それをほぐしたいなという気持ちが強かった。また負けたらどうしようとか。そういう雰囲気も少しあったので、ビデオの効果は本当に大きかったと思いますよ。凄い良かったです。

 僕は試合メンバーじゃなかったんですけど、プレッシャーは相当大きかったと思います。キクさんにも一度相談しましたよね」

菊谷「(現地に)行く前に会ったね。向こう行ってからは、特に何かはなかったかなと。エディーさんはそういうのをうまくサポートしてくれたんじゃないかな」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集