[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「特にタフな相手」 次戦相手“なおみキラー”プティンツェワは警戒

テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」に出場している世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)は、20日の準々決勝で同36位ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)と対戦。大坂に3連勝中のライバルは、この日の試合後の会見で意気込みを語った。

20日の準々決勝で大坂なおみと対戦するユリア・プティンツェワ【写真:浜田洋平】
20日の準々決勝で大坂なおみと対戦するユリア・プティンツェワ【写真:浜田洋平】

ウィンブルドン初戦で大坂にストレート勝ち、プティンツェワ「自分の武器」で挑む

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」に出場している世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)は、20日の準々決勝で同36位ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)と対戦。大坂に3連勝中のライバルは、この日の試合後の会見で意気込みを語った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 この日の試合は、同149位のバルバラ・フリンク(ロシア)を圧倒。6-1、6-1のストレート勝ちを収めた。試合後のコートインタビューでは、次戦の相手について問われると「もちろん、知っているわ」と笑顔を見せた。

 プティンツェワは大坂に過去3戦全勝。今年のウィンブルドン1回戦ではストレート勝ちで倒した。それでも、4大大会2勝の21歳との対戦を前に「もちろん、私がチャレンジャー。いい選手なので、いい試合になると思う。楽しみにしています」と語った。さらに「お寿司が大好きなんですよね?」と振られ「ほぼ毎日(食べに)行っている。これからも毎日行けたらいいね」とコメントし、会場から拍手が送られた。

 その後は会見に出席。大坂戦について「当然、タフな戦いが待っていると思う。私はできることを全て出し尽くしたい。最終的に勝利を掴めればと思っていますが、コート上では彼女は特にタフな相手になる。準備してその試合に臨みたい」と意気込んだ。

 直近の2勝では芝を生かしたスライスで大坂を攻略。今大会は大坂が得意とするハードコートだが「スライスを自分の武器の一つとして使っているので、今日も使ったところを見ていただいたと思う。それは自分のゲームタイプとして出てくるもの。私は自分自身のよいテニスをするだけです。全てのいい部分を出せたらと思います」と自信を見せた。

 大坂は2016年、18年大会で準優勝。5度目の本戦出場で1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇を狙う。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集