[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野球は300、ラグビーはわずか4… 28年前の“英雄”吉田義人が募らせるW杯後の危機感

9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで、あと23日と迫った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

1991年大会で日本のW杯初勝利に大きく貢献した吉田義人氏【写真:Getty Images】
1991年大会で日本のW杯初勝利に大きく貢献した吉田義人氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで23日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第12回は28年前のW杯初勝利に貢献した快足WTB吉田義人氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで、あと23日と迫った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 第12回は、日本が誇る快足WTB吉田義人氏に話を聞いた。宿沢ジャパンではスコットランド撃破、2トライをマークした第2回ワールドカップでの日本の初勝利、そして世界選抜でのオールブラックスから奪った華麗なトライと、常に世界に挑み続けてきた孤高の11番は、8強入りに挑むジョセフ・ジャパンへの期待感、そして日本ラグビーの未来へのビジョンに思いを巡らせた。

 ◇ ◇ ◇

 ワールドカップ開幕が目前に近づく中で、週末は全国各地で大会盛り上げのためのイベント、講演と多忙な日々が続く。吉田義人氏がジャージーを脱いですでに15年が経つが、現役時代の激走は、多くのファン、ラグビー関係者の脳裏には、いまも色あせない鮮烈な記憶として残る。

 日本代表として1989年のスコットランド撃破、91年ワールドカップでの初勝利、そして世界選抜でのオールブラックスからの華麗なダイビングトライ。その足跡には、多くの感動、そして日本ラグビーの歴史が刻まれる。ワールドカップでの日本代表の初勝利を、自らの2トライで果たしてから28年。いまや大会8強入りを目標にかかげるジェイミー・ジャパンには、往年のトライゲッターも大きな期待を寄せている。

「エディー(・ジョーンズ前ヘッドコーチ=HC)さんが鍛えたベースに、ジョセフHCがラグビー先進国の文化を落とし込んでいますね。ラグビーボールをギフト(贈り物)として扱うようなプレーができてきた。それが、今年のPNC(パシフィック・ネーションズ・カップ)でようやく見えてきた」

 個人技や高い判断力が注目されるニュージーランド(NZ)代表だが、吉田氏が注目するのは“ボールを生かすこと”をすべてに優先する考え方だ。どのような状況でも、ボールを宝物のように手放さず、パスをつなぐときも放る側、受け取る側が細心の注意を怠らないのでミスをしない。世界の列強と戦ってきた男だから感じる、ラグビー最強国の強さの秘訣を2019年の日本代表にも感じ取る。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集