[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝ち点4で首位スペインは日本戦に本気モード 引き分けOKも「日本に勝つことだけ考える」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日(日本時間28日)、グループリーグE組のスペインはドイツと1-1で引き分けた。後半17分、スペインFWアルバロ・モラタが先制ゴールを決めるも、同38分にドイツのニクラス・フュルクルクが同点弾。決勝トーナメント進出は第3戦の日本戦に持ち越され、ルイス・エンリケ監督は「私たちは引き分ければ十分だが、そこをおおげさに取り上げるようなことはしない」と勝ちに行く構えを見せた。

スペインはドイツと1-1で引き分けた【写真:Getty Images】
スペインはドイツと1-1で引き分けた【写真:Getty Images】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日(日本時間28日)、グループリーグE組のスペインはドイツと1-1で引き分けた。後半17分、スペインFWアルバロ・モラタが先制ゴールを決めるも、同38分にドイツのニクラス・フュルクルクが同点弾。決勝トーナメント進出は第3戦の日本戦に持ち越され、ルイス・エンリケ監督は「私たちは引き分ければ十分だが、そこをおおげさに取り上げるようなことはしない」と勝ちに行く構えを見せた。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 スペイン紙「ムンドデポルティーボ」「アス」「マルカ紙」によると、エンリケ監督は「私たちは、ドイツをやっつけるのに持つべき自信にわずかに欠けた」としながら「セオリーでいけば、これは、死のグループだ。そして私たちは首位で、自分たち次第の状況にある。私は、これで良しとする」と第2戦で勝ち点4の現状を評価。「日本を相手に、私たちは引き分ければ十分だが、そこをおおげさに取り上げるようなことはしない」と日本戦は本気モードだ。

 それは選手も同じ。先制弾をアシストしたDFアルバが「僕らの自信は崩れていない。良い仕事ができたし、これは、僕らが進むべき道だ。この方向で続けて、日本に勝つことを考えるだけだ」と言えば、DFカルバハルは「僕らは、グループ内首位を確定するために、もう日本のことを考えなければならない。僕らが勝てば、首位だし、いつも通りに勝ちに行く。そのためにも16強に向けて、最高のレベルを自信を手に臨まなければならない」と明かした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集