[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • Q&A
  • 小学6年生に筋トレって必要? スポーツトレーナーが「OK」「NG」を回答、その理由は

小学6年生に筋トレって必要? スポーツトレーナーが「OK」「NG」を回答、その理由は

子供も筋トレってした方がいいの? 読者からの質問にアスリートなどの各界のスペシャリストが答える「Q&A」。今回は小学6年生の子供を持つ読者からの「筋トレの是非」に関する質問に対し、「THE ANSWER」でスポーツトレーニングの舞台裏を語る連載を持ち、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など、日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏が、ズバリ答えた。

成長期に潜む“過度トレ”の危険性とは【写真:Getty Images】
成長期に潜む“過度トレ”の危険性とは【写真:Getty Images】

読者からの質問にスペシャリストが答える「Q&A」…成長期に潜む“過度トレ”の危険性

 子供も筋トレってした方がいいの? 読者からの質問にアスリートなどの各界のスペシャリストが答える「Q&A」。今回は小学6年生の子供を持つ読者からの「筋トレの是非」に関する質問に対し、「THE ANSWER」でスポーツトレーニングの舞台裏を語る連載を持ち、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など、日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏が、ズバリ答えた。

 ◇ ◇ ◇

「サッカーをしている小学6年生の息子がいます。チームメートと比べると体が小さく、コンタクトプレーにも弱い。どんな筋トレをすればいいのか教えてください」

 今回は、読者から寄せられたこの質問にお答えします。

 近頃は「子供も積極的に筋力トレーニングをやろう」という流れがあります。質問を頂いた親御さんはおそらく、そのような情報を耳にして「筋トレをしなければ」と思い浮かんだのかもしれません。

 ただ、これは外で遊ぶ時間があまりにも少なく、筋力低下が問題になっている子供に対しての“注意喚起”です。今回の場合、お子さんが少なくともサッカークラブに入っているので、自主トレーニングに筋トレを組み込む必要はありません。

 また、この年代の子供たちは「体が小さいから」と筋トレをしても、急に筋肉が大きくなったり、当たりが強くなったりはしません。むしろ、成長の段階での過度な筋トレは、関節に過剰な負担をかける要因にもなり得ます。それに、小学6年生と言えば、これから成長期を迎えます。身長も体格も大きく変わっていくので、今はあまり神経質にならないほうがいいでしょう。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー