[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • どっちの衝撃ショットがスゴイ? 米人気投票「パー4エース未遂」VS「パー3エース」

どっちの衝撃ショットがスゴイ? 米人気投票「パー4エース未遂」VS「パー3エース」

2018年の米男子ゴルフはいきなり、スーパーショットの応酬となり、盛り上がっている。とりわけ、話題を呼んだ「パー4エース未遂」と「パー3エース」という2本のミラクルショットを、PGAツアー公式サイトが「必見の瞬間」という恒例企画で対決を実施。いったい、どっちがスゴイのか。“場外戦”が注目を集めている。

ダスティン・ジョンソン、トニー・フィナウ【写真:Getty Images】
ダスティン・ジョンソン、トニー・フィナウ【写真:Getty Images】

スーパーショット応酬の米男子ゴルフ、ジョンソンとフィナウが場外戦で“対決”

 2018年の米男子ゴルフはいきなり、スーパーショットの応酬となり、盛り上がっている。とりわけ、話題を呼んだ「パー4エース未遂」と「パー3エース」という2本のミラクルショットを、PGAツアー公式サイトが「必見の瞬間」という恒例企画で対決を実施。いったい、どっちがスゴイのか。“場外戦”が注目を集めている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 衝撃の「パー4エース未遂」と圧巻の「パー3エース」。いったい、どっちがスゴイのか。PGAツアー公式サイトは「必見の瞬間」という企画で動画を公開し、人気投票で対決させている。

 まずは「パー4エース未遂」を演じたのは、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)だ。前々週のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ最終日。433ヤードの12番パー4だった。

 ジョンソンは193センチの屈強な肉体で、豪快にドライバーを振り抜いた。ボールは破壊音を残し、あっという間にすっ飛んで行った。フェアウェイ左にかっ飛ばしたボールは勢いが止まることなく、下りの斜面でどんどん弾み、そのままグリーンオン。それでも、ボールは止まる気配がなく、さらに転がっていく。

 5メートル、10メートル。すると、その先にピンが見えた。完全にラインに乗って一直線。奇跡を予感したギャラリーが、にわかに沸き立った。しかし、ボールはカップ直前で失速し、ストップ。その距離、15センチ。もうひと転がりすれば……という奇跡の“パー4エース”は逃したが、信じられない一打にコース全体が一気に熱狂に包まれた。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー