[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • シャラポワ、“因縁の全豪”で復活の1勝「ここに出られたことは重要な意味を持つ」

シャラポワ、“因縁の全豪”で復活の1勝「ここに出られたことは重要な意味を持つ」

テニスの全豪オープン2日目は16日、女子シングルス1回戦で世界ランク48位マリア・シャラポワ(ロシア)が同47位タチヤナ・マリア(ドイツ)を6-1、6-4のストレートで下し、初戦突破を決めた。2年前の大会期間中のドーピング検査で禁止薬物に反応を示し、出場停止15か月の発端となった“因縁”のメルボルンで、当時以来の大会1勝を手にした“妖精”は「今日、ここに出られたことは本当に重要な意味を持つ」と試合後のインタビューで語った。

マリア・シャラポワ【写真:Getty Images】
マリア・シャラポワ【写真:Getty Images】

2年前の大会期間中、ドーピング検査で陽性反応…当時以来の1勝「一瞬一瞬楽しみたい」

 テニスの全豪オープン2日目は16日、女子シングルス1回戦で世界ランク48位マリア・シャラポワ(ロシア)が同47位タチヤナ・マリア(ドイツ)を6-1、6-4のストレートで下し、初戦突破を決めた。2年前の大会期間中のドーピング検査で禁止薬物に反応を示し、出場停止15か月の発端となった“因縁”のメルボルンで、当時以来の大会1勝を手にした“妖精”は「今日、ここに出られたことは本当に重要な意味を持つ」と試合後のインタビューで語った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 “妖精”がパワフルに帰ってきた。シャラポワは世界ランク47位マリアを相手に圧倒。強烈なフォアハンドを炸裂させた瞬間を大会公式ツイッターが「パワー、パワー、パワー」と驚きをもって動画付きで紹介するなど、圧巻のストレート勝ちで2回戦に駒を進めた。

 2年ぶりの全豪オープン白星。当時は大会期間中のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示し、出場停止15か月の発端となった。試合後のインタビューでは「今日、ここに出られたことは本当に重要な意味を持ちます」などと語った。

「この地に戻ってくるまで、何年間もかかってしまいました。なので、私はこの一瞬一瞬を楽しみたいです。それは私にとって多くを意味します。これらの瞬間に私は愛情を注ぎます。毎試合、こなしていくごとにタフな戦いが待っていることになります。それは挑戦です。ですが、それこそがグランドスラムと言われる所以なのです」

 大会公式ツイッターは「シャラポワがメルボルンに幸せな帰還」と速報。コメント欄では「いろいろ言われているが、勝利を掴む実力の持ち主である事は確かだ」「勝つべきところで勝ち切る。スマートな女性だ」「なんだかんだ注目株」といったファンのコメントが投げかけられていた。

 08年の全豪オープンを制している30歳は昨年4月に戦線に戻り、10月の天津オープンで復帰後ツアー初優勝を飾っていた。“因縁”の地で、どこまで躍進を見せられるのか。大会の一つの見ものとなりそうだ。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー