[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小学6年生に筋トレって必要? スポーツトレーナーが「OK/NG」を回答、その理由は

筋トレをするなら、憧れの選手のプレーを真似る方が能力はずっと伸びる

 通っているクラブ以外で自主的に練習をするならば、筋トレではなく、動作や技術の習得に時間に重点を置くといいでしょう。この年代は動作習得が得意なので、きっとグングン力をつけていきます。

 サッカー選手には、体は小さくても、技術や体力に長け、トップリーグで活躍する選手はたくさんいると思います。筋トレをする時間があるならば、お子さんが「自分と似ているな」と共感できるような選手、憧れとなる選手の映像を繰り返し見て、繰り返しプレーを真似するほうが、ずっと力が伸びます。

 ちなみに私自身の世代ですと、子供たちは皆、野球の王貞治選手(現・福岡ソフトバンクホークス球団会長)の一本足打法を真似していました。子供たちは当たり前にできましたが、いざ大人がやろうとすると案外できません。

 考えすぎず、見たままを素直に真似できる。子供時代だからこそ長けている力を伸ばしてあげたいですね。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集