[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モータースポーツのニュース一覧

  • 復活の19歳美女ドライバー ローレウス賞授賞式でのスピーチが話題「美しく力強い」

    2020.02.18

    世界のスポーツ界で活躍した個人、団体に贈られる「ローレウス・スポーツ賞」の授賞式が17日、ドイツ・ベルリンで行われ、華麗なカムバックを果たした選手が選ばれる「年間最優秀復活部門」はモータースポーツのソフィア・フローシュ(ドイツ)が選出。ローレウス賞が実際の受賞シーンを動画つきで公開しているが、その美貌が注目を浴びている。

  • なぜ佐藤琢磨は挑戦し続けるのか 弁護士の父に感化「法廷で戦う姿が衝撃だった」

    2020.02.17

    レーシングドライバー佐藤琢磨が17日、東京都内で行われたFWD富士生命の新CM発表会に、母の昭子さんと出席した。同日からオンエアされる新CM「はじめては、一生つづく。佐藤琢磨編」で共演する2人は、発表会でも微笑ましいやりとりで会場を温かい雰囲気で包んだ。また、高校時代の恩師・大澤進さん、鈴鹿レーシングスクールでの恩師・樽井良司さんもサプライズで登場。43歳を迎えてもなお、インディカー・シリーズの第一線で戦う佐藤は「いろいろな方のサポートがあって、ここまで来られた」と感謝を口にした。

  • マンホールの蓋でマシン破損 F1珍事にチーム幹部怒り「溶接するべき」

    2019.04.27

    F1第4戦アゼルバイジャンGPは26日、フリー走行1回目が行われたが、まさかの珍事が起きた。ウィリアムズのジョージ・ラッセルが開始直後、コース上にあるマンホールの蓋を踏み、それが引き金となってマシンが破損し、走行不能に。残骸が無残に飛び散った実際のシーンをF1が動画で公開し、海外ファン、メディアに「F1はウィリアムズに賠償すべき」「注目のイベントにこれは管理不行き届きだ」などと波紋が広がっていたが、ドライバーも「体に最大の衝撃を受けた」と振り返っている。

  • マンホールの蓋でマシン破損!? F1で起きた珍事に海外波紋「これは管理不行き届き」

    2019.04.27

    F1第4戦アゼルバイジャンGPは26日、フリー走行1回目が行われたが、まさかの珍事が起きた。ウィリアムズのジョージ・ラッセルが開始直後、コース上にあるマンホールの蓋を踏み、それが引き金となってマシンが破損し、走行不能に。残骸が無残に飛び散った実際のシーンをF1公式Youtubeが動画付きで公開し、海外ファン、メディアに「F1はウィリアムズに賠償すべき」「注目のイベントにこれは管理不行き届きだ」などと波紋が広がっている。

  • バイクレース衝撃乱闘劇の波紋拡大 欧米続々報道「史上最もクレイジーなケンカ」

    2019.03.27

    バイクレースで起きた信じられないようなトラブル。選手同士が接触、転倒しかけた選手が相手側のバイクに乗り移り、停車したところで殴り掛かるという前代未聞の事態の一部始終を英公共放送BBCが動画で公開すると、「恥だな」「狂ってる」などとモータースポーツファンの怒りを買っていたが、海外メディアも続々報道。「ありえないシーン」「常軌を逸した」などと報じ、波紋が広がっている。

  • DAZNがF1全21戦を配信決定! 15日開幕豪州GPから 日本人参戦のF2、F3も完全網羅

    2019.03.09

    世界最大級のスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」が2019年のF1全21戦に加え、F2・F3の試合を放送すると発表した。

  • ゴージャスすぎるホスピタリティは東京五輪の参考に!? F1シンガポールGPの贅沢な魅力

    2018.09.18

    F1シンガポールグランプリはルイス・ハミルトン(英国、メルセデスAMG)がポールポジションから逃げ切り、今季7勝目。年間王者に大きく近づく快走で、盛大に幕を閉じた。「アジアのモナコ」とも称される3日間の祭典は11年目を迎えたが、例年以上の盛り上がりを見せた。

  • F1シンガポールGP、強すぎるハミルトンがポール・トゥ・ウイン 年間王者に大きく前進

    2018.09.17

    2018年F1グランプリ第15戦、シンガポール・グランプリ(GP)決勝は16日、シンガポールの市街地コース、マリーナ・ベイ・サーキット(1周5.064キロ、61周)で行われ、ルイス・ハミルトン(英国、メルセデスAMG)がポールポジション(PP)から逃げ切って今シーズン7勝目。ドライバーズポイントを281とし、2年連続5回目のチャンピオンに大きく前進した。ポイント2位のセバスチャン・ベッテル(ドイツ、フェラーリ)は3位と表彰台には立ったものの、ハミルトンと40ポイント差とさらにギャップが広がり、5年ぶりの王座奪回はかなり厳しい情勢となった。

  • 「素晴らしい光景」 トラブルの優勝者への“粋な行動”に感動の声…米自動車レース

    2018.08.07

    米国の自動車レース「ナスカー」での心温まる光景が話題を呼んでいる。

  • F1界のスター・アロンソ、ル・マンへの参戦を正式表明「レースが待ち遠しいよ」

    2018.04.02

    F1界のスター、フェルナンド・アロンソ(スペイン)が自動車の耐久レース、「ル・マン24時間レース」(6月16、17日・フランス)への参戦を正式に表明した。スペイン紙「AS」電子版が報じている。今季のF1開幕戦のオーストラリアGPで5位入賞。好スタートを切ったが、2度の年間F1王者に輝いたアロンソは、自身がキャリアの最終目標に置く世界3大レース制覇へ意気込んでいる。

  • 室屋義秀、エアレース初のアジア人世界王者 佐藤琢磨も大興奮「僕らは陸と空を制した」

    2017.10.16

    小型プロペラ機を使用したモータースポーツ「レッドブル・エアレース」の最終第8戦が15日(日本時間16日)に行われ、室屋義秀が今季4勝目を挙げて日本人初の年間総合チャンピオンに輝いた。開催地の米インディアナポリスは、今年5月にレーシングドライバーの佐藤琢磨が世界三大レースのひとつである「インディ500」で日本人初、アジア人としても初の優勝を果たした地。会場となったインディアナポリス・モーター・スピードウェイには佐藤も駆け付け、喜びを分かち合った。

  • 「接触で全てが終了」 F1シンガポールGPで壮絶クラッシュ 伊紙が当事者の胸中特集

    2017.09.18

    モータースポーツ最高峰F1のシンガポールグランプリ(GP)決勝が17日(日本時間18日)に行われたが、スタート直後の1コーナー手前で上位3台を含む4台がクラッシュする波乱の展開となった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」はこの模様を「大災害」と報じ、当事者たちの複雑な胸中にフォーカスを当てている。

  • 【F1】ロズベルグが語った同僚の存在「競争心はハングリー精神と等しい」

    2016.07.19

    チームとして戦いつつも、個人によるポイント争いも熾烈を極めるモータースポーツ最高峰のF1。現在、ドライバーポイント首位に立つニコ・ロズベルグはメルセデスAMGの同僚ドライバー、ルイス・ハミルトンと僅差の戦いを繰り広げている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集