[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュース - バスケの記事一覧

  • 桜木花道を超えた!? 敵の上から“超人ダンク”炸裂に衝撃「誰も何も妨げられない」

    2018.01.14

    海外のプロバスケットボールリーグで立ちはだかった相手ディフェンスの上から豪快に叩き込むダンクが炸裂。人気マンガ「スラムダンク」の桜木花道ばりの衝撃シーンの瞬間を英公共放送「BBCスポーツ」の公式ツイッターが「誰も、そして何も妨げられない」と動画付きで紹介すると、ファンから「マイケル・ジョーダンのようだ」と驚愕の声が上がっている。

  • 現実それとも夢!? アルゼンチン英雄、審判欺く珍ショットに反響「信じられない」

    2018.01.05

    米バスケットボールのNBAで、新年早々に珍ショットが生まれた。ゴール下の選手に出した浮き球のパスが、そのままゴールにダイレクトイン。審判も一度はボールがリングに弾かれたと勘違いしてしまう一瞬の出来事を米メディアが動画付きで紹介すると、ファンから「今まで見たことがない」「夢かと思わせてしまったのか」と驚きの声が挙がっている。

  • 「18年スポーツ界大予測」 “キング”電撃移籍、“ママ”四大大会制覇…米紙が厳選

    2018.01.02

    スポーツ界は2018年、2月に平昌五輪というビッグイベントが開催される。年末年始は“休暇期間”が設けられるスポーツも多いなか、米国はNBA(バスケットボール)やNFL(アメリカンフットボール)の試合が行われるなど、新年もスポーツ熱は高い。そんなスポーツ大国アメリカの大手メディアが、米国を中心に2018年のスポーツ界を展望。大物の電撃移籍や元世界女王の優勝など、大胆な予想を行っている。

  • 3.05m超えの一撃 22歳スター候補の圧巻ブロックに脚光「ラトビアのユニコーンだ」

    2018.01.02

    米バスケットボールのNBAは、昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスがそれぞれ各カンファレンス首位で2018年を迎えた。様々な選手が台頭を見せる中、ニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスの成長は目覚ましい。221センチの長身を生かしたブロックが今週のベストブロックに選ばれると、ファンから「ラトビアのユニコーンだ」「野獣のようだ」と大きな期待が寄せられている。

  • 3回やったら得点!? 審判も勘違いした“時計直撃弾”に騒然「カウントすべき?」

    2017.12.30

    米バスケットボールのNBAで、残り時間を示す時計にボールが当たり、そのままゴールに入る事態が発生。思わず審判も一度は得点を認めてしまった珍プレーを、米メディアが「これはカウントすべき?」とユーモアたっぷりに動画付きで紹介すると、ファンから「ボールが入りたがった」「3回やったら得点になることにしよう」と反響を呼んでいる。

  • まるで空中遊泳!? アービングの“超絶ダブルクラッチ”に騒然「やりすぎだ…」

    2017.12.26

    米バスケットボールのNBAで、ボストン・セルティックスのカイリー・アービングがドリブルで2人を抜き、さらに空中で2人をかわすアクロバティックなプレーを披露。球団公式ツイッターが「カイリー・アービングは物理学を無効にする」と動画付きで紹介するなど大きく取り上げられ、ファンから「この男、やりすぎだ…」「彼は残酷だ」などと反響を呼んでいる。

  • ひげ男は「止められない」? 変幻自在の“魅惑ステップ”に米反響「ダンス中」

    2017.12.21

    米バスケットボールのNBAで、ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンがまるで踊っているかのようにステップを踏み、相手の上からゴールを決めるスーパームーブに成功。米メディアが「ひげ男がダンス中」と動画付きで紹介すると、ファンから「この男は止められない」「マッド・ドリブリング」と反響を呼んでいる。

  • 米高校バスケに「破壊神」現る 衝撃“リング折りダンク”に震撼「ゲームオーバー」

    2017.12.20

    米高校バスケットボールで衝撃のプレーが生まれた。規格外のパワフルなダンクでリングがポッキリと折れてしまう事態に、米メディアは「彼はリングを破壊し、悠然と立ち去った」と動画付きで紹介し、「破壊神」「壮大なポテンシャルを秘めた大物」などと話題となっている。

  • かつての敵は今日の友 コビー&アイバーソンの熱き抱擁が米話題「言葉はいらない」

    2017.12.20

    米バスケットボールNBAのロサンゼルス・レイカーズは現地時間18日、リーグを代表するスーパースターとして一時代を築いたコビー・ブライアント氏の背番号8と背番号24の永久欠番セレモニーが行われた。かつてのチームメイトや対戦相手が多数駆け付けるなか、2000年代初頭にしのぎを削ったライバルのアレン・アイバーソンとの“熱い抱擁”が米メディアで取り上げられ、ファンから「言葉はいらない」「神々だ」と話題を呼んでいる。

  • 試合中に優雅な旅行? NBA界の“キング”が竜巻級スピンで米感嘆「誰かヤツを…」

    2017.12.18

    米プロバスケットボールリーグのNBAで、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが鮮やかなスピンターンで守備を無効化し、ゴールを陥れるスーパープレーを披露。竜巻を彷彿させる鋭い回転に、NBA公式ツイッターは「スピン・サイクル! レブロンがスピンとともに得点を記録」と動画付きで紹介し、ファンから「優雅な旅行中のようだ」「触れることすら許されないのか…」と驚きの声が挙がっている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー