[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、4枚の写真で甦る伝説ファイト 海外ファン「仕事中にトイレでこの試合見た」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。伝説の死闘、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝ノニト・ドネア(フィリピン)戦から7日でちょうど2年を迎え、多くの「年間最高試合」を獲得した名勝負を海外メディアなどが回顧している。米興行大手「トップランク」は当時の試合で撮られた4枚の写真を掲載し、ファンの興奮を甦らせている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

トップランク社が公開「2019年の今日、年間最高試合を生み出した」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。伝説の死闘、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝ノニト・ドネア(フィリピン)戦から7日でちょうど2年を迎え、多くの「年間最高試合」を獲得した名勝負を海外メディアなどが回顧している。米興行大手「トップランク」は当時の試合で撮られた4枚の写真を掲載し、ファンの興奮を甦らせている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 あの日の名勝負が甦ってくるようだ。トップランク公式ツイッターは「2019年の今日、ナオヤ・イノウエはノニト・ドネアと年間最高試合を生み出した。イノウエはバンタム級のタイトルを統一し、WBSSを制した」と記述。その上で4枚の写真を掲載している。井上が鼻血を出しながらも立ち向かうシーン、右目のまぶたをカットしながら鬼の形相でパンチを打ち込むシーンに加え、優勝トロフィーを掲げるシーンも。

 試合中に井上が眼窩底骨折を負って視野がぼやけながら12ラウンドを戦い抜き、判定勝ちを掴んだ伝説の名勝負。2019年11月7日からちょうど2年が経過し、クローズアップした投稿には多くの海外ファンも反応しており、コメント欄には「仕事中だったけど、トイレに隠れてこの試合を見ていた」「イノウエにビッグファイトをやらせてほしい」「ドネアが老いる前に再戦してほしい」との声が上がった。

 また、同様に米スポーツ専門局「ESPN」のスペイン語版ボクシング専門アカウント「ESPNノックアウト」も当時の試合をプレーバックしていた。

 井上は以降、ジェイソン・モロニー(豪州)、マイケル・ダスマリナス(フィリピン)を倒して2つのベルトの防衛を継続。12月14日にアラン・ディパエン(タイ)との防衛戦に挑む。一方のドネアはWBCのタイトルを獲得し、12月11日にレイマート・ガバリョ(フィリピン)との防衛戦が控える。ともにファンの人気が高い2人。バンタム級で両雄が再び拳を交える日はまたやってくるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集