[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、欧米で快挙 BBCに続き米ヤフーも“年間MVP”選出、カネロとの一騎打ち制す

米ヤフースポーツは27日(日本時間28日)に2019年のボクシング年間最優秀男子ファイターを発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)を選出している。英公共放送BBCも年間最優秀選手に選出していたが、欧米で今年の顔として認められたことになる。

井上尚弥【写真:Getty images】
井上尚弥【写真:Getty images】

年間MVP候補4人の中から井上を選出

 米ヤフースポーツは27日(日本時間28日)に2019年のボクシング年間最優秀男子ファイターを発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)を選出している。英公共放送BBCも年間最優秀選手に選出していたが、欧米で今年の顔として認められたことになる。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 2019年の年の瀬、海外メディアでは今年のボクシング界を振り返っての様々な表彰企画を展開しているが、米ヤフースポーツも「年間最優秀男子ファイター エリートチャンピオンの大混戦で困難な選択」と見出しで特集している。

 まずは受賞候補者を発表。6階級王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)、4階級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)、WBSSスーパーライト級大会優勝のジョシュ・テイラー(英国)、そして、井上と4選手の名前が挙がった。

 41歳にして世界王者に君臨するレジェンドのパッキャオ、WBSS決勝でレジス・プログレイス(米国)との名勝負を制したテイラーの活躍も評価しながらも、「ファイナリストは2人。カネロ・アルバレスとナオヤ・イノウエは世界のパウンド・フォー・パウンド最強という伝説の栄誉の正当候補でもある」と最終的には一騎打ちとなったことを紹介している。

 アルバレスは5月のミドル級世界3団体統一戦でダニエル・ジェイコブス(米国)に勝利。11月のWBOライトヘビー級タイトルマッチではセルゲイ・コバレフ(ロシア)を11回でKOし、4階級制覇を達成した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集