[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太が会見「自信持っている」 トップランクCEOも出席「KO決着で完全勝利を」

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の公式会見が21日、都内のホテルで行われた。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)と初防衛戦。強打対決へ意気込みを語った。

村田諒太(左)とボブ・アラムCEO【写真:浜田洋平】
村田諒太(左)とボブ・アラムCEO【写真:浜田洋平】

「12.23」村田諒太が初防衛戦へ、トップランク社CEOボブ・アラム氏も出席

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の公式会見が21日、都内のホテルで行われた。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)と初防衛戦。強打対決へ意気込みを語った。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 100人を超える報道陣や関係者が集まった会見。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOも駆けつけた。同氏の隣に座り、壇上でマイクを握った村田は「非常にいい練習を積んできたので、その練習内容をリングで出すだけ」と気合。6度目の世界戦へ「もう何もすることはない。しっかり休息をとって試合に備える。それだけだと思う。本当にいい調整ができているので自信を持ってリングに上がれる」と力を込めた。

 会見に同席したアラム氏は「また日本に戻って来られたことが嬉しい。けど、なぜ今回私が日本にいるのかと聞く人もいた。日本国外で放送される試合はESPNで仕切られる。ムラタにとって、私が日本の試合を見届けることが大事」とコメントした。

 さらにアラム氏は「来日しなかったエンダム1戦目は論争を引き起こし、結果は負けてしまったが、次に私が来日した時はエンダムに勝った。前回見たブラント戦も、私が見て勝った。私が来ることは彼にとってのお守り。しっかり見届けようと思ってきた。だから、今回も勝つだろうし、KO決着で完全勝利をしてくれると思う」と冗談交じりに語り、会場の笑いを誘った。

 7月に再戦したロブ・ブラント(米国)から王座奪還。昨年10月に米ラスベガスで行われた同王座2度目の防衛戦で敗れた相手に2回TKO勝ちで雪辱を果たした。通算3度目の防衛戦となる。

 バトラーは28勝24KO1敗1分け。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから「Bang Bang(バンバン)」と呼ばれ、KO率80%を誇る。世界初挑戦の24歳は「自分もいい気分で今日を迎えた。私の持つスキルを全て見せる。何も言い訳はできない。試合に全力で臨むだけ」と王座奪取を狙う。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集