[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁が2戦連続欠場 ウィザーズは2連敗、昨季王者ラプターズに善戦も終盤力尽く

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は20日(日本時間21日)、敵地ラプターズ戦に鼠径部の打撲により2戦連続で欠場。チームは昨季王者に対して善戦するも118-122で敗れた。ロード4連戦の初戦を落とし、2連敗となった。

両チーム最多となる37得点を挙げたブラッドリー・ビール【写真:AP】
両チーム最多となる37得点を挙げたブラッドリー・ビール【写真:AP】

最終4Qに11点差を追いつくも競り負け、ロード4連戦の初戦を落とす

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は20日(日本時間21日)、敵地ラプターズ戦に鼠径部の打撲により2戦連続で欠場。チームは昨季王者に対して善戦するも118-122で敗れた。ロード4連戦の初戦を落とし、2連敗となった。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 怪我人続出中のウィザーズに劣らぬ数の負傷者を抱えるラプターズ。この試合はパスカル・シアカム、マルク・ガソルをはじめ、5選手が欠場。しかしその中でも先手を取ったのはラプターズだった。第1クォーター(Q)ではフィールドゴール成功率61.9%を記録。3P成功率に至っては、実に66.7%にのぼり、40-23と17点のリードを奪って第1Qを終える。

 第2Qでウィザーズは一時、イシュ・スミス、アイザイア・トーマス、ブラッドリー・ビールの3人を同時にコートに立たせ、クイックネスとスピードを活かす作戦に。10点差まで追い上げた時間帯もあったが、第2Qだけで7つのターンオーバーを喫し、セルジ・イバカのシュートブロックに合うなどして流れをつかめない。68-52とラプターズが16点のリードを得て試合を折り返した。

 後半に入り、スミスが要所でシュートを沈め、デイフェンス面でもターンオーバーを誘発するなど、徐々に点差を縮めるウィザーズ。エースのビールが第3Q終了までに29得点を決めて11点差まで迫り、最終Qに突入した。最終Qもウィザーズはエンジン全開。ビールの3Pなどで迫り、残り5分21秒で107-107に追いついた。しかし、最後は競り負け、ロード4連戦の初戦を落とした。

 八村は16日のピストンズ戦で鼠径部を負傷。26日のピストンズ戦まで計5試合を欠場する見込みとなっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集