[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

清水希容は国内7連覇を見ていない 視線は海の向こうの女王「今日の試合なら負け」

東京五輪で新採用される空手の全日本選手権男女個人戦が8日、群馬・高崎市の高崎アリーナで行われ、女子形で2014、16年世界選手権連覇の清水希容(ミキハウス)が大会7連覇を達成した。仮想の敵を倒すことを目的とし、技の正確性や力強さ、表現力などで優劣を決める競技。東京五輪で金メダルを期待される26歳が、国内無敵の強さを見せつけたが、優勝後の言葉には悔しさが込められていた。

表彰式で気を引き締めた清水希容【写真:浜田洋平】
表彰式で気を引き締めた清水希容【写真:浜田洋平】

東京五輪金メダルへ、清水希容が見据えるのはスペインの世界女王

 東京五輪で新採用される空手の全日本選手権男女個人戦が8日、群馬・高崎市の高崎アリーナで行われ、女子形で2014、16年世界選手権連覇の清水希容(ミキハウス)が大会7連覇を達成した。仮想の敵を倒すことを目的とし、技の正確性や力強さ、表現力などで優劣を決める競技。東京五輪で金メダルを期待される26歳が、国内無敵の強さを見せつけたが、優勝後の言葉には悔しさが込められていた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 観客の視線を一身に集めた決勝。清水は吠えた。仮想の敵をなぎ倒し、道着の衣擦れの音を響かせる。コートを包む静寂は、演武が終われば一気に拍手に変わった。7連覇だ。

「正直、毎年毎年、必死に戦っている。今年一年、凄く苦しんだ年。もっと気を引き締めていかないといけない。今日の試合ならサンドラ選手に負けている」

 並ぶ言葉は、勝者とは思えない敗者の弁ばかり。視線の先には、海の向こうのライバルがいる。先週のプレミアリーグ(PL)マドリード大会の決勝で、サンドラ・サンチェス(スペイン)に敗れた。年間女王のタイトルを譲る悔しい結果に。3連覇を狙った18年世界選手権でも優勝を奪われた最大の敵だ。

 今年の対戦成績も負け越し。世界女王の冠を奪われて以降は、38歳のベテラン相手に苦戦している。空手が東京五輪で採用され、形の第一人者として引っ張り「サンドラ選手と競って技術も、メンタルも成長した。場数を踏んでいるなと実感している」と手応えはある。しかし、勝てていないのが現状だ。

 壁にぶつかるたびに繰り返すのが基礎。同じ基礎練習でも、微妙にやり方や意識の仕方を変え「同じ基礎じゃない。誰もまねができないレベルで基礎の力を上げたい」と徹底する。「まだ足りない」。動きの無駄を省き、簡潔に技を出すことに集中しているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集