[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最下位ザギトワの敗因は体形変化か 元世界女王が見解「彼女はもう女性なのです」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子はアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の合計得点で優勝。エテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子3人で表彰台を独占したが、同門の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はよもやの最下位に終わった。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏は、ロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで敗因を問われ、ロシア国内で指摘される「体形変化」について見解を語っている。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

GPファイナル最下位、ロシア国内で指摘される敗因にブッテルスカヤ氏が見解

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子はアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の合計得点で優勝。エテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子3人で表彰台を独占したが、同門の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はよもやの最下位に終わった。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏は、ロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで敗因を問われ、ロシア国内で指摘される「体形変化」について見解を語っている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ショートプログラム(SP)こそ2位につけたが、フリーで回転不足を連発し、まさかの最下位に沈んだザギトワ。コストルナヤを筆頭に2位のアンナ・シェルバコワ、3位のアレクサンドラ・トルソワ(ともにロシア)と同門の3人とは対照的な結果となったが、17歳が苦戦した理由はどこにあったのか。ブッテルスカヤ氏が語っている。

 記事によると、「ザギトワは現時点で自分の最大限の滑りはできたか」と問われた同氏は「SPですべての魂を込めたとても素晴らしい滑りを見せ、正当に2位になりました」とした上で「しかし、彼女はミスが許されない。そう、ザギトワはもう五輪女王です。彼女は何が何でもすべての人に自分がミスなしの滑れることを見せなければいけない」と指摘した。

 うまくいかなかった理由については「私の考えでは精神的なものだと思います」とメンタル面にあると分析。「ザギトワの問題は頭から来ています。彼女には自信が足りず、技術点の部分で他のスケーターに負けているのが分かっている。そこから綻びが生まれました」と語り、心の余裕が足りないことが背景にあると見ていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集