[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、17得点&7リバウンドと躍動 昨季ファイナルMVP名手と対峙、6戦連続2桁得点

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が9日(日本時間10日)の本拠地クリッパーズ戦に開幕22試合連続でスタメン出場。1日に敵地で対戦し、八村自身はキャリアハイとなる30得点を記録するも125-150で敗れた相手に5試合連続35分超の出場となり、17得点、7リバウンド、4アシストをマーク。チームは優勝候補の一角相手に接戦を演じるも119-135で敗戦、2連敗となった。

八村塁【写真:AP】
八村塁【写真:AP】

レナードとマッチアップ、2度目のクリッパーズ戦で敗戦

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が9日(日本時間10日)の本拠地クリッパーズ戦に開幕22試合連続でスタメン出場。1日に敵地で対戦し、八村自身はキャリアハイとなる30得点を記録するも125-150で敗れた相手に5試合連続35分超の出場となり、17得点、7リバウンド、4アシストをマーク。チームは優勝候補の一角相手に接戦を演じるも119-135で敗戦、2連敗となった。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 八村は前回対戦同様、昨季ファイナルMVPのカワイ・レナードとマッチアップ。オフェンス面では、モリツ・ワグナーがストレッチ5気味に振る舞った影響もあり、クリッパーズのセンター、イヴィチャ・ズバッチやモントレズ・ハレルと対峙する時間帯も。体格面で厳しいマッチアップを強いられる中、序盤はショットブロックに合うシーンが見られたが、第1クォーター(Q)残り6分1秒にイシュ・スミスのアシストから豪快なスラムダンクを叩き込み、会場を沸かせた。

 第1Qでは最大14点差をつけられたウィザーズだったが、セカンドユニットで追い上げを見せる。アキレス腱の怪我から復帰して間もないセンターのイアン・マヒンミが、守ってはショットブロックで、攻めてはスクリーンでデイビズ・ベルターンズの3Pをお膳立てするなど、コートの両端で存在感を発揮。八村も前半だけでキャリアハイに迫る3アシストを記録。試合は65-64とクリッパーズが1点のリードを得て前半を終えた。

 第3Qも積極的にゴール下を攻める八村だが、ダンクを狙った場面でズバッチのブロックに合い、得点できない。厳しいディフェンスに合う中で、第3Qの残り8分16秒にブラッドリー・ビールとのピックアンドロールからうまくオープンになると、冷静に相手の動きを見てシュートを決めながらもファウルを誘い、アンドワンを獲得。そのフリースローも沈めて3得点をゲットした。

 この日はシュートに苦しんだ八村だったが、それでも第3Q残り5分32秒にレイアップを沈めて6試合連続となる2桁得点に乗せた。マヒンミの活躍もあり一時は3点差まで迫ったウィザーズは93-100の7点ビハインドで最終Qへと突入した。最終Qも八村の得点などで懸命に追いすがる展開となったが、最後は力尽き、本拠地で勝利を飾ることができなかった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集