[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「おなか空いたぁ」 全英彷彿の強心臓、賞金女王争いも脳内はご当地名物

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は29日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第2日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は3バーディー、1ボギーの4アンダーで3打差の3位で終えた。10位で出た賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)、賞金2位の申ジエ(韓国)は1オーバーで17位。7アンダーのテレサ・ルー(台湾)が首位をキープ。重圧のかかる賞金女王争いだが、全英覇者の頭には“ご当地名物”があった。

首位と3打差の3位につけた渋野日向子【写真:荒川祐史】
首位と3打差の3位につけた渋野日向子【写真:荒川祐史】

重圧かかる女王争い中も普段通り「宮崎牛食べた」、世界が駄菓子に注目した全英彷彿

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は29日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第2日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は3バーディー、1ボギーの4アンダーで3打差の3位で終えた。10位で出た賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)、賞金2位の申ジエ(韓国)は1オーバーで17位。7アンダーのテレサ・ルー(台湾)が首位をキープ。重圧のかかる賞金女王争いだが、全英覇者の頭には“ご当地名物”があった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 前週に国内4勝目を挙げた21歳は賞金レースで逆転すれば、最年少賞金女王となる。2日目を終え「(大会が)始まる前にも言っていたけど、一日2アンダーくらいかなと言っていて本当に2アンダーなので、なんとか読み通りなのかなって思います」と振り返った。プレッシャーのかかる最終戦。出だしから集中力を試されるラウンドだった。

 澄みきった青空のように、晴れやかなスマイルでスタートした。1番パー4の第1打はドライバーでフェアウェー左へ。歩き出すと「渋野、頑張れー!」「しぶこちゃん、かわいいよー!」とコースのそこかしこから声援を受け、キョロキョロと左右を向いて笑顔で会釈を繰り返した。

 第2打はグリーン手前のエッジに置き、ピンまで10メートル以上を残した。第3打はウェッジでアプローチしたが、カップまで5メートル届かないピンチ。それでも、パーパットをねじ込んだ。出だしのボギーを免れたナイスパー。ラウンド後の会見でパーパットの距離を問われ「5メートルくらいでしたね」と、さらりと振り返った直後だ。

「あぁ、そういえばピンチでしたね(笑)。そうでした、そうでした(笑)」

 約5時間前の1番は“はるか昔”。それだけ目の前のプレーに集中してきた証拠だろう。4番をボギーとしたが、その後はショットが乱れても好アプローチなどでパーを並べた。迎えたフェアウェーからの6番パー4第2打。アドレスに入ったところでギャラリーからシャッター音の連写が聞こえた。素振りから仕切り直すと、ピン手前2メートルにピタリ。バーディーパットを沈めて大歓声を浴びた。

 バーディーを奪いやすいパー5。後半11、13番を残し「2つとも2オンできるので『やったろう!』って思った」と気合を入れて臨んだ。「けど、まさかの11番で4オン。『なさけねぇ』って思って。でも13番でちゃんと獲れてよかった」。11番は4オン1パット。13番は残り240ヤードをスプーンで強振し、狙い通りの2オン2パットでバーディー。14番パー4は残り133ヤードから8アイアンで7メートルにつけて伸ばした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集