[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部一二三、五輪出場へ望みつなぐ復活V 3連敗中の“天敵”丸山城志郎との7分超死闘制す

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第1日が22日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子66キロ級の17、18年世界選手権連覇の阿部一二三(日体大)が、決勝で丸山城志郎(ミキハウス)を破り、2大会ぶりの優勝を果たした。東京五輪出場に崖っぷちに立たされていた期待の星。8月の世界選手権を制した丸山が優勝すれば、阿部の出場は厳しくなる状況だったが、正念場でライバルの内定を阻止する復活Vを飾った。

阿部一二三【写真:Getty Images】
阿部一二三【写真:Getty Images】

東京五輪出場へのサバイバルマッチ、決着は2月以降に持ち越し

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第1日が22日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子66キロ級の17、18年世界選手権連覇の阿部一二三(日体大)が、決勝で丸山城志郎(ミキハウス)を破り、2大会ぶりの優勝を果たした。東京五輪出場に崖っぷちに立たされていた期待の星。8月の世界選手権を制した丸山が優勝すれば、阿部の出場は厳しくなる状況だったが、正念場でライバルの内定を阻止する復活Vを飾った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 東京五輪を懸けたサバイバルマッチ。両者の名前が呼ばれると、会場から期待を込めた拍手が注がれた。開始15秒で阿部が技を仕掛け、持ち味の積極的な柔道で攻めた。対する丸山には、天理大の後輩たちから「ジョーシロー!」の大声援。袖をつかみ合い、高次元の駆け引きが続いた。

 残り1分を切ると、丸山が伝家の宝刀・巴投げを試みるが、警戒していた阿部が回避。しかし、阿部に指導が入った。4分では決着がつかず、ゴールデンスコア方式の延長戦に突入。延長20秒には丸山に指導がつく。阿部が力を生かした強引な投げを試みると、会場からどよめきが沸き起こった。技の応酬に大声援が注がれ、審判の「待て」が両者の耳に届かないほどだった。

 迎えた延長3分27秒。一瞬の隙をついた阿部が、最後は支釣込足による技ありを決めて勝ち切った。大声援に向かってガッツポーズ。阿部が土壇場で7分27秒に及んだライバル対決を制した。

 初戦の2回戦は背負投げ、3回戦は腰車で一本勝ち。準々決勝はロシア選手に残り1分30秒で体落としによる技ありで優勢勝ちし、準決勝は背負い投げの一本勝ちで相田勇司(国学院大)を下した。

 五輪は男女7階級で出場権は各階級1人。日本代表の選考は3段階あり、一つは8月の世界選手権優勝者が今大会を制し、試合後に行われる全柔連強化委員会で出席者の3分の2以上が賛成すれば内定する。男子66キロ級では、今夏の世界選手権を制した丸山が優勝すれば、代表内定の可能性が高まる状況だった。

 昨年のGS大阪は決勝で丸山と対戦し、国内では約2年ぶりの敗戦。今年4月の全日本選抜体重別選手権でも丸山に連敗。2連覇中だった世界選手権は代表2枠目に滑り込んだが、6月の代表合宿で左足首を負傷して7月中旬まで練習できず。丸山との準決勝は、ゴールデンスコア方式の延長3分46秒に技あり(隅返し)を奪われ、東京五輪出場の最大の壁となる“天敵”に3連敗を喫して悔し涙を流した。

 若くして東京五輪金メダル候補と期待されていた22歳は、昨年世界選手権以来の優勝となった。五輪代表は来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断されるか、4月の全日本選抜体重別選手権が最終選考会となる。

 阿部は「凄い嬉しい気持ちですが、今からがスタート。もう1度も負けずに勝ち続けたい。絶対にやるしかない。倒すことしか考えてなかった。自分が勝つ想像しかしていなかった。絶対に気持ちでは負けないと。これだけやられっぱなしで僕も、本当に悔しい思いをたくさんしましたし、1回勝っただけなんですけど、これから何回もやると思いますが、これからも勝ち続けたい」と興奮気味に振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集