[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、代名詞の3A成功で79.89点で2位発進 首位はSP世界最高得点のコストルナヤ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季のGPファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)が79.89点をマークし、2位となった。GPシリーズ第3戦フランス国際を制したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高得点を更新する85.04点で首位、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は66.84点で4位だった。フリーは23日に行われる。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

NHK杯女子SP、日本からは3選手が出場

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季のGPファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)が79.89点をマークし、2位となった。GPシリーズ第3戦フランス国際を制したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高得点を更新する85.04点で首位、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は66.84点で4位だった。フリーは23日に行われる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 紀平は冒頭の3回転アクセルを美しく決めると、続く3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプも下りた。最後の3回転ループも堪えた。スピン、ステップでも観衆を魅了。最後は笑顔で大声援に応えた。

 コストルナヤも冒頭の3回転アクセルなどすべてのジャンプを成功させる完璧な演技で、昨季紀平がマークした世界最高得点を超える、85.04点をマークした。

 紀平はシニアデビューだった昨季は国際大会7戦6勝の快進撃で脚光を浴びた。今季はGPシリーズ第2戦スケートカナダで2位。今大会で3位以上に入ればGPファイナル出場が決定する。

 紀平以外の日本勢では横井ゆは菜(中京大)が62.67点、山下真瑚(中京大中京)が65.70点だった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集