[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童ネリ、井上尚弥を再三挑発も… 米メディアが対戦実現に疑問符をつける理由とは

ボクシングのWBC世界バンタム級前王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日(日本時間24日)に米ラスベガスで、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。ワールドボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)覇者で2団体王者の井上尚弥(大橋)に対し、悪童は「依然として経験不足」「ドネアが2、3歳若ければ、負けていた」と挑発している。米専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

ロドリゲスと激突のネリ、サバイバルマッチを前に井上を再度挑発

 ボクシングのWBC世界バンタム級前王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日(日本時間24日)に米ラスベガスで、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。ワールドボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)覇者で2団体王者の井上尚弥(大橋)に対し、悪童は「依然として経験不足」「ドネアが2、3歳若ければ、負けていた」と挑発している。米専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 問題児がまた吠えた。WBSS準決勝で井上に2回TKO負けを喫したロドリゲスとの戦いを前に、ネリが怪気炎を上げている。

「ロドリゲスをいつKOするかは気にしていない。ゴールは勝つことだ。オレがイノウエよりも上であることを示すために、1ラウンドでKOしたいと思わない。それぞれのファイターのそれぞれのスタイルは試合内容を複雑にさせる。あるファイターをKOで倒した後、他のファイターと12ラウンド戦うこともあるんだ」

 こう語ったというネリ。井上への意識から、ロドリゲスを一気に片付ける気持ちでいる。

「ヤツが上とか、自分が上とかそういう意味ではない。自分には絶大な才能がある、そして強い。どっちが強いのかが分かるのは、リングに上がってからだ。相手を比較しても仕方ない。ロドリゲスは優秀で、強い。でも、KOで倒せる。いつでもそう思っている。そのために練習も積んだ。よく研究した。ファイトはあっという間に終わるはずだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集