[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上拓真、正規王者の肩書奪う 兄・尚弥とダブル世界戦へ「挑戦者の気持ちで戦う」

ボクシングのWBC世界バンタム級王座統一戦(11月7日・さいたまスーパーアリーナ)などの予備検診が4日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。同級暫定王者・井上拓真(大橋)は身長164.2センチ、リーチ163センチ、首回り35.2センチ、胸囲90.5センチ。相手の同級正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)は身長161.4センチ、リーチ170センチ、首回り37センチ、胸囲88センチだった。

予備検診を終えポーズをとる井上拓真(右)とノルディ・ウーバーリ【写真:浜田洋平】
予備検診を終えポーズをとる井上拓真(右)とノルディ・ウーバーリ【写真:浜田洋平】

「11・7」WBC世界バンタム級王座統一戦の予備検診

 ボクシングのWBC世界バンタム級王座統一戦(11月7日・さいたまスーパーアリーナ)などの予備検診が4日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。同級暫定王者・井上拓真(大橋)は身長164.2センチ、リーチ163センチ、首回り35.2センチ、胸囲90.5センチ。相手の同級正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)は身長161.4センチ、リーチ170センチ、首回り37センチ、胸囲88センチだった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 WBA・IBF同級王者の尚弥(大橋)を兄に持つ拓真は、昨年末に行われたタサーナ・サラパット(タイ)との暫定王座決定戦以来、約11か月ぶりの試合。この日は初対面の相手のサイズに「想定と一緒くらい。印象はあまり変わらずです。オーラもそこまで感じなかった」と明かした。リーチは自身の方が7センチ下回るが「前回もリーチが長い相手だったので大丈夫」と、リーチ差11・4センチだった前戦の経験を生かす。

 公開練習に続き、ウーバーリの印象を問われた父・真吾トレーナーは「体ががっちりしている。リーチももっと長いのかなと思っていた」とし、大橋秀行会長は「身長が小さい。その分やりやすいのかな」と話した。

 一方、ウーバーリは自信満々。腕組みしながら「身長は自分にとってどうでもいいディティールにすぎない。これまでも少し大きい相手とやったことがある」と検診結果に興味なし。「日本に馴染み始めてきたところ。ファンが素晴らしいし、写真も撮ってくれて光栄。スポーツの価値を見せて、ボクシングは高貴なものだと知ってほしい。強いものが勝つ。自分こそがこのカテゴリーで一番強いことを証明したい」と強気な姿勢を貫いた。

 ウーバーリの戦績は16勝12KO、拓真が13勝3KO。メインイベントを務める兄・尚弥にバトンをつなぐためにも、拓真は「挑戦者の気持ちを持って、リングの上で全力で戦うだけ」と正規王者の肩書を奪いに行く。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集