[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳トルソワ、驚異の4回転4本着氷 “4回転キング”チェンも仰天「驚愕した」

フィギュアスケートのジャパン・オープンは5日、女子フリーは今季シニアデビューの15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がISU非公認大会ながら女子では史上初となる、3種類の4回転ジャンプを4本着氷させ、160.53点で1位。欧州チームの優勝に貢献した。才能あふれる15歳の驚異的な結果に、母国メディアも驚きを隠せない様子だ。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

驚異の才能を発揮したトルソワ、母国メディア「ザギトワを追い越した」

 フィギュアスケートのジャパン・オープンは5日、女子フリーは今季シニアデビューの15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がISU非公認大会ながら女子では史上初となる、3種類の4回転ジャンプを4本着氷させ、160.53点で1位。欧州チームの優勝に貢献した。才能あふれる15歳の驚異的な結果に、母国メディアも驚きを隠せない様子だ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 何度も驚かせてくれる。15歳トルソワが、今度は日本で衝撃を残した。冒頭で4回転サルコーを決めると、続いては高い4回転ルッツを成功。4回転―3回転の連続トウループに、後半にも4回転トウループからの連続ジャンプを着氷させた。4回転を4本決める、圧巻というほかはない演技だ。

 海を渡り、母国メディアも日本でトルソワが起こした“事件”に驚きを隠せない様子だ。ロシアメディア「gazeta.ru」は「さらにもうひとつの4回転ジャンプ。どのようにして日本でトルソワがザギトワを上回ったか」のタイトルで記事を展開。「『驚愕した』――トルソワが4回転ジャンプをもう一つ加えてジャパン・オープンでザギトワを追い越した」と続け、衝撃の大きさを伝えている。

 記事では、トルソワを「ロシアのロケット」と表現。ザギトワを上回り、男子の世界王者ネイサン・チェンを驚かせたと報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集