[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“夏男”ダルビッシュ、魔球連発の奪三振ショーに現地興奮「アメージング、ユウ」

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、敵地メッツ戦に先発し、8回1失点7奪三振の快投で5勝目(6敗)を挙げた。球団は公式SNSで、ダルの魔球ばり変化球で演じた奪三振ショーを動画付きで公開。現地ファンの称賛を浴びている。

5勝目を挙げたカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
5勝目を挙げたカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

8回7Kで5勝目、日米通算2500Kにも到達

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、敵地メッツ戦に先発し、8回1失点7奪三振の快投で5勝目(6敗)を挙げた。球団は公式SNSで、ダルの魔球ばり変化球で演じた奪三振ショーを動画付きで公開。現地ファンの称賛を浴びている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 夏を迎え絶好調のダルビッシュが、8月のラスト登板でまた快投を披露した。3点リードの6回2死一塁の場面では、デービスを83マイル(約134キロ)のワンバウンドするカーブでスイングアウトに仕留め、日米通算2500奪三振を達成した。

 さらには7回先頭のパニックは低めの88マイル(約142キロ)のスプリットで空振り、続くフレージャーは87マイル(約140キロ)のカットボールで見逃しと、圧巻の3者連続三振を奪って見せた。

 カブスは公式SNSに「ユウさん、ファイアー」と題し、この奪三振ショーを動画付きで公開。全ての球種がハイレベルな投球に、現地ファンも喝采を上げている。

「サイヤング、ダルビッシュ」
「アメージング、ユウ」
「ユウゥゥゥゥゥゥー」
「ビースト」
「ワオ」
「2018年は軽視してすまなかった」
「素晴らしい登板!」
「ユウは今夜、素晴らしかった」
「彼はよかった!」

 今季最長の8回を投げて、チームの勝利に貢献したダルビッシュ。圧倒的な投球で連敗脱出に導いている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集