[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、手の内見せず 慎重に語ったドネアの警戒ポイント「ただ一つ言えるのは…」

ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表。尚弥の弟でWBC世界同級暫定王者・拓真(大橋)は、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との王座統一戦を行う。

都内で会見した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
都内で会見した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

「11.7」WBSS決勝ドネア戦、他ジムでの出稽古熱望「ハングリーな気持ちで」

 ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表。尚弥の弟でWBC世界同級暫定王者・拓真(大橋)は、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との王座統一戦を行う。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 笑顔の奥で、モンスターの心は高ぶっていた。生きる伝説・ドネアと会見。「実際に日本まで来てもらっての会見。さらに現実味が増したというか、残り2か月あるけど、気合が入りますね」。2ショット撮影でも終始笑顔を見せてリラックスした表情を見せた。

 2014年12月にWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)への挑戦前に、来日したドネアに対策を伝授してもらった。高校時代から世界の第一線で活躍する憧れの存在。映像を見て、フットワークなどを参考にしてきた“師匠”でもある。「フィリピンの閃光」と称される一撃必殺の左フックも学ぶべき技術だった。

「当時はナルバエス戦の対策だったので、今に生きていることは特にないですね。高校生の時も、プロ入りしてからもドネアの試合はずっと見ていた。(左フックは)そのまんまマネをすることはないけど、自分に合わせて吸収している」

 これほど画面を通して見てきた相手と戦うことは、今までなかった。世界が注目するビッグマッチ。警戒するポイントはどこなのか――。両者は会見で手の内は見せるまいと慎重に言葉を並べた。井上は語る。

「ただ一つだけ言えるのは、左フックに気を付けること。その距離にいないということですね。ただそれだけです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集