[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「非常に興奮」 ドネアを前に堂々宣言「優勝してアリトロフィー獲得したい」

ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表した。WBAはドネアのスーパー王座と井上の正規王座の統一戦、IBFはタイトルマッチとなる。

都内で会見を行った井上尚弥【写真:荒川祐史】
都内で会見を行った井上尚弥【写真:荒川祐史】

「11.7」開催正式発表、都内のホテルで一緒に会見出席「皆さんを納得させる試合を」

 ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表した。WBAはドネアのスーパー王座と井上の正規王座の統一戦、IBFはタイトルマッチとなる。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 決戦を前に、井上とドネアが3か月ぶりに再会した。都内のホテルで行われた会見。先に井上と弟の拓真が会場入り。後から入ったドネアが握手を求め、笑顔で対応した。紺のスーツにネクタイを締めた井上は大橋会長と並んで座り、米国から駆け付けたドネアはマネージャーであるレイチェル夫人を連れ立って出席した。

 井上はWBSS決勝について「今後、最大キャリアになる。次のキャリアにどんなに大切か自覚している。皆さんの期待もわかっています。自分が一番、戦いたかった選手。この決勝で戦えることが嬉しい。自分も持っている力を出し切り、優勝してアリトロフィーを獲得したい」とライバルを前に堂々宣言した。

 高ぶる気持ちを抑えられなかった。「勉強のためにテクニックを盗んでいた。戦えることを嬉しく思う。無事に決まってほっとしている。ホームの日本でこの決勝ができることに感謝の気持ちでいっぱいです。正直、試合展開もまだ予測できていないし、非常に興奮しています」と思いを高ぶらせた。

 相手は百戦錬磨の5階級制覇王者。警戒も緩めない。「一番、気を付けないといけない部分もわかっている。どのような試合展開にしないといけないかも理解している。それを当日、徹底したい。このトーナメント、初戦と準決勝とインパクトを与える試合ができたと思う。その先の道、景色は見えているので、皆さんを納得させる試合をしたい」と誓った。

 同日は尚弥の弟でWBC世界同級暫定王者・拓真が、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との王座統一戦を開催となることも発表された。井上兄弟にとって、絶対に負けられない戦い。兄の威信にかけても、井上はWBSSの頂点を奪いに行く。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集