[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳鍵山優真、4T2発の“34点差圧倒V”を海外メディア絶賛「なんてスターなんだ!」

フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の鍵山優真(星槎国際高横浜)が154.26点でフリーも1位となり、合計234.87点で優勝。2位に34.16点差をつける圧勝の演技を国際スケート連盟(ISU)は動画付きで公開し、海外メディアは「なんてスターなんだ!」と絶賛している。

鍵山優真【写真:Getty Images】
鍵山優真【写真:Getty Images】

2位に大差をつける圧勝、昨季からの成長は「4回転を跳べるようになったこと」

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の鍵山優真(星槎国際高横浜)が154.26点でフリーも1位となり、合計234.87点で優勝。2位に34.16点差をつける圧勝の演技を国際スケート連盟(ISU)は動画付きで公開し、海外メディアは「なんてスターなんだ!」と絶賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 日本期待の16歳が圧勝でジュニアGPシリーズ初Vを飾った。鍵山は冒頭の4回転トウループ―2回転トウループはややスムーズさを欠いたが、以降は3回転フリップ、4回転トウループなどのジャンプをミスなく着氷させ、質の高い演技を披露。154.26点はフリー1位となり、2位に34.16点差をつける圧勝となった。

 ISU公式ツイッターは実際の演技を動画付きで投稿。また、試合後のインタビューも公開し、昨季から成長した部分について「4回転を跳べることになったことと、表現力の部分で踊れるようになったこと」と語った上で「今季、目指す場所としては、まずはGPファイナル、世界ジュニア、年明けのユースオリンピックです」と抱負を語った。

 米スケート専門メディア「IFSマガジン」公式ツイッターは「日本のユウマ・カギヤマが大差でクールシュヴェルのジュニアグランプリでタイトル獲得」とレポートし、さらに「なんてスターなんだ!」と称賛した。ジュニアGPシリーズ幕開けを飾った鍵山。最初の目標とするジュニアGPファイナルへ、絶好のスタートを切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集