[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、英名伯楽が証言した怪物の二面性「グラブにバズーカ砲を装着しながら…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。WBAスーパーミドル級世界王者カラム・スミス(英国)ら数々のチャンプを育てた名トレーナーは、リング上と普段のギャップの大きさに注目している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米リング誌特集でギャラガーが魅了されたギャップ「2人は完全に別人のようだ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。WBAスーパーミドル級世界王者カラム・スミス(英国)ら数々のチャンプを育てた名トレーナーは、リング上と普段のギャップの大きさに注目している。「グラブにバズーカ砲を装着しながら歩き回っている」とパンチ力を絶賛。米ボクシング専門誌「リング」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 英国の名伯楽も井上の実力を高く評価した。リング誌9月号のメイン特集「モンスター創造論」は世界王者、名トレーナー、記者など、数々の証言を紹介。その中で登場したのが、スミスら世界王者を育てた名トレーナー、ジョー・ギャラガー氏だった。井上の代名詞とも呼べる「パワー」の項目では好青年で知られる3階級王者の素顔とリング上でのギャップを証言している。

「彼と実際に会ってみる。そして、リング上で彼を見るとしよう。2人は完全に別人のようだ。グラブにバズーカ砲を装着しながら歩き回っているんだ」

 パンチ力を独特の表現で分析したギャラガー氏。5月のWBSS準決勝で井上が259秒KOを果たしたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に教え子が敗れていた。「ポール・バトラーとロドリゲス戦で対峙した。ロドリゲスは堅実な実力者だ。(井上戦の)第1ラウンドはロドリゲスが取ったかもしれなかった」と語った上で、こう続けている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集