[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁、粘りに粘って世界18位撃破に歓喜「最後は本当に紙一重でしたが…」

男子テニスのシティ・オープンは31日(日本時間8月1日)、シングルス2回戦で世界ランク77位の西岡良仁(ミキハウス)が第7シードで同18位ダビド・ゴファン(ベルギー)に6-7、6-2、7-6で逆転勝ち。3回戦進出を決めた。格上を破った勝利で会心のガッツポーズを炸裂させたシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、拍手を送っていたが、これに西岡本人も反応。

3回戦進出を決めた西岡良仁【写真:Getty Images】
3回戦進出を決めた西岡良仁【写真:Getty Images】

第7シードのゴファンに逆転勝ち「また一つステップを上げていける気がする」

 男子テニスのシティ・オープンは31日(日本時間8月1日)、シングルス2回戦で世界ランク77位の西岡良仁(ミキハウス)が第7シードで同18位ダビド・ゴファン(ベルギー)に6-7、6-2、7-6で逆転勝ち。3回戦進出を決めた。格上を破った勝利で会心のガッツポーズを炸裂させたシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、拍手を送っていたが、これに西岡本人も反応。「最後は本当に紙一重でしたが、勝てて嬉しいです」と歓喜している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 喜びを抑えきれなかった。第1セットを6-7と接戦で落とした西岡だったが、気持ちは切れない。6-2で第2セットを奪い返すと、第3セットは一度は0-3とリードされたが、ここから驚異の粘りを発揮。最後は7-6と接戦を今度はモノにして世界ランク18位のゴファンを撃破し、2時間40分に渡る死闘の末に番狂わせを演じた。

 激闘を繰り広げたゴファンと握手を交わし、会場から声援が降り注ぐと、西岡はコートの中央に出て、両拳を突き上げた。人差し指で天を指差し、何度もガッツポーズ。堪えきれない感情を爆発させているようだった。「テニスTV」公式ツイッターも「勝利を手にした!」と拍手を送り、実際のシーンを公開したが、西岡もこれに返信する形で胸中をつづった。

「ワシントンはつ(初)のR16!」と報告した西岡は「ファイナル0-3ダウンだったけど、なんとか食らいついていけました。最後は本当に紙一重でしたが、勝てて嬉しいです」と歓喜。「このような上の選手と戦い、勝ちきることでまた一つステップを上げていける気がする。今日は会場の応援がほとんど僕でホームの気分でした。ありがとう!」と声援に感謝していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集