[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パリ五輪の星 “通信制ボクサー”高見亨介が4強入り「世界チャンプになりたいんで」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは1日、宮崎市総合体育館で各階級の準々決勝が行われ、ライトフライ級では高見亨介(2年=東京・目黒日大高 通信制)がフルマークの判定勝ちを収め4強進出。悲願の初タイトルを視界に捉えた。

4強進出を果たした高見亨介【写真:角野敬介】
4強進出を果たした高見亨介【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、ライトフライ級では通信制高校に通う高見が4強

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは1日、宮崎市総合体育館で各階級の準々決勝が行われ、ライトフライ級では高見亨介(2年=東京・目黒日大高 通信制)がフルマークの判定勝ちを収め4強進出。悲願の初タイトルを視界に捉えた。

 相手の突進を華麗に交わし、要所でカウンターを当てる。鮮やかな内容で4強入りを決めた高見は「倒すのを狙っていたんですけどね」と少し悔しそうにしながらも、「1ラウンドから2ラウンドにうまく修正できて戦えた」と喜びも口にした。

 持ち味は切れ味抜群のカウンターだ。相手のパンチに合わせて、タイミングを見計らって自らの拳を叩き込む。スピードに加えてポイントは「勘です」と笑うが、小2からのボクシングキャリアで研ぎ澄ませてきた。

 高校は通信制を選んだ。ボクシングにすべてを注ぎ込むためだ。スクーリングは週1だが、毎朝6時からの朝練には欠かさず顔を出す。そして帰宅後には自宅近くを走り込み。夕方にはボクシングジムでサンドバッグをたたく。

 一般的なスクールライフよりも、「世界チャンプになりたいんで」と目を輝かせる高見。指導する名門・日大の梅下新介監督は「普段から大学生と打ち合っている。(2024年)パリの五輪も関係してくる素質を持っています」と断言。多数のオリンピアンを輩出してきた名将も認める逸材だ。

 1年で出場した昨年のインターハイは3位。秋の国体も3位。今春の選抜大会は準V。あと一歩でタイトルを逃し続けてきただけに、今年こその気持ちは強い。高見は「高校の中で1番のタイトル。優勝したいです」と力を込める。悲願のタイトルは手の届くところにある。

◇インターハイのボクシングは7月29日から8月3日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集