[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「少年フェデラー」の肖像— 最愛の母が故郷メディアに語った素顔とは?

「少年フェデラー」の肖像— 最愛の母が故郷メディアに語った素顔とは?

テニス男子のロジャー・フェデラー(スイス)は、先のウィンブルドンで大会史上最多となる8度目の頂点に立ち、自身が持つグランドスラムの最多優勝記録を19に塗り替えた。来月8日に36歳の誕生日を迎える“芝の帝王”はどんな少年時代を過ごし、輝かしい現在への階段を上っていったのだろうか。「少年フェデラー」の横顔について、南アフリカメディアの「アイウィットネス・ニュース」が報じている。

母リネットさんが明かす少年時代「当時サッカーはテニスと同じくらい上手だった」

 テニス男子のロジャー・フェデラー(スイス)は、先のウィンブルドンで大会史上最多となる8度目の頂点に立ち、自身が持つグランドスラムの最多優勝記録を19に塗り替えた。来月8日に36歳の誕生日を迎える“芝の帝王”はどんな少年時代を過ごし、輝かしい現在への階段を上っていったのだろうか。「少年フェデラー」の横顔について、南アフリカメディアの「アイウィットネス・ニュース」が報じている。

 フェデラーの母親リネットさんは、南アフリカのヨハネスブルク出身。このたび訪問したケープタウンで地元メディアの取材に応じた。

 最愛の母によれば、少年時代は「彼は全てのスポーツに万能で、特にサッカーに関しては当時テニスと同じくらい上手だった」そうだが、14歳の時にテニスでの成功を求めてプロ転向を決意したという。

「14歳で彼は家を出て、学校での勉強を最小限にしてスイスのテニスセンターに入ることを決めた。そして、プロテニス選手としてのキャリアをスタートさせたの。自分だけで決断したけれど、それは難しいことだと思うわ」

 スイスが誇る偉大なるチャンピオンも、当時は今とは違った一面が顔をのぞかせていたようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー