[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「少年フェデラー」の肖像— 最愛の母が故郷メディアに語った素顔とは?

野心家で負けず嫌いゆえ、かつては“バッドルーザー”だったことも…

「彼はとても野心家でした。負けることが大嫌いで、史上最悪と言っていいぐらいの“バッドルーザー”でした。それも大きすぎる野心ゆえ、と私は考えていました。ある年代に差し掛かると、彼自身も『これはとんでもなかった』と振り返ったようでしたが、ただひたすら『完璧な試合をしたい』という一心だと思います。彼はあまりに活動的だったので、
普段からヘトヘトになっているような子供でした」

 リネットさんは記事でこう振り返った。

 今やスポーツ界屈指のジェントルマンとして知られるフェデラーも、若き日はラケット破壊や審判への抗議など“悪童”として名を馳せた。勝負への強烈なこだわりが、過去のフェデラーのマナーの悪さの要因になっていたのでは、と母の視点から分析している。

 2012年のウィンブルドン優勝を最後に、グランドスラムのタイトルから遠ざかっていたフェデラーは昨年、膝の内視鏡手術を受けるなど膝や腰に爆弾を抱え、後半戦のツアーを欠場した。しかし、今季は全豪オープン、ウィンブルドンとすでに2勝を挙げるなど完全復活。35歳にして全盛期に勝るとも劣らない強さを見せつけている。

 その根源には、幼少時代から示していた極度の負けず嫌い、強固な決断力があるのかもしれない。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集