[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上で五輪メダリストが笑撃の凡ミス 周回間違いに海外大笑い「史上最高に面白い」

陸上のダイヤモンドリーグ、5000メートルで海外の五輪メダリストがとんでもないミスをおかし話題を呼んでいる。残り1周あったが、ゴールだと勘違い。ガッツポーズしながらスピードを緩めてしまったが、気づいたその後に……。まさかのシーンをダイヤモンドリーグの公式YouTubeが動画で公開。本人にとっては悲劇でしかないが、凡ミスにファンは爆笑している。

ハゴス・ゲブルヒウェ【写真:Getty Images】
ハゴス・ゲブルヒウェ【写真:Getty Images】

男子5000メートルで先頭走っていたランナーが残り1周でド派手なガッツポーズ

 陸上のダイヤモンドリーグ、5000メートルで海外の五輪メダリストがとんでもないミスをおかし話題を呼んでいる。残り1周あったが、ゴールだと勘違い。ガッツポーズしながらスピードを緩めてしまったが、気づいたその後に……。まさかのシーンをダイヤモンドリーグの公式YouTubeが動画で公開。本人にとっては悲劇でしかないが、凡ミスにファンは爆笑している。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 百戦錬磨のランナーがまさかのミスを犯した。5日にスイス・ローザンヌで行われたダイヤモンドリーグの男子5000メートル。リオ五輪の銅メダリスト、ハゴス・ゲブルヒウェト(エチオピア)は独走状態でゴールを通過。そのままガッツポーズしたまま、スピードを緩めていった。

 優勝だ――。本人は確信していたことだろう。しかしどうも様子がおかしい。後続のランナーはまだ本気で走っている。あと1周残っていたのだ。慌ててコースに復帰するゲブルヒウェト。なんとか追いつこうとするが、一度狂ったリズムは立て直せない。後続にも飲み込まれてしまい。10位でフィニッシュ。そのまま走っていても結果は分からなかったとはいえ、痛すぎるミス、勘違いだ。

 同リーグが「ハゴス・ゲブルヒウェト、5000メートルで1周早く優勝したと思い込む」のタイトルで実際のレースシーンを公開。目の当たりにしたユーザーからは、爆笑のコメントが書き込まれている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集